2018年5月18日金曜日

メタファシリテーションの実践から、自分の思い込みに気づく

シンプルな対話(いつ、何を、どこで、といった事実だけを聞きだす事実質問)を通して、相手に気づきを促したり、本当の問題を知ったりするためのコミュニケーション手法、(対話型)メタファシリテーション。今年の春休みにこの手法を知り、つまずきながらも日常生活で少しずつ実践しようと心がけています。今回は私のアルバイト先のレストランでのある先輩との会話について書きたいと思います。

二週間ほど前のある平日の暇なディナー営業でのこと、私は先輩と二人でおしゃべりをしていました。その先輩がインテリア好きだと以前に聞いていた私は、「一番最近買ったインテリアは何ですか?」と質問。
すると二年ほど前にスツール(背もたれのない一人用のいす)を通販で買ったとのこと。先輩は家にある北欧テイストのスツールの実物写真を見せてくれました。
「めっちゃおしゃれですね!」と私。

同時期に通販のオーダーメイドでキャビネットも購入したと先輩。北欧のインテリアが好きで通販で調べ、またインテリアとしてドライフラワーを買いに、実家に帰省した際二回ほど隣県のハーブ園に足を運んだこともあると聞かせてくれました。そういえば、昨年夏北海道に家族旅行に行っていたときは、小樽のハーブ園できれいなドライフラワーの置物をお土産で買ってきてくれたことを思い出しました。

その後話題は自然に音楽へと移っていき、私は先輩が学生時代に軽音楽部に所属していたことを知っていたので、いつから音楽に取り組んでいたのか気になり、質問してみました。

私:「音楽で何か活動し始めたのは大学生からですか?」
先輩:「いや、中学生のとき。学校にそういう団体がなくて、友達と部活を作って文化祭で発表したりもした。」
私:「へえ~そうだったんですか!」

その後、ヘヴィメタル、ヴィジュアル系、コンテンポラリーなどなど、私にはちんぷんかんぷんな、中学生時代からの先輩が好きになったロックミュージックの種類の変遷についてまでも楽しそうに話してくれました。

その先輩は、フリーターだけれど他の学生よりバイト時間が多くもなく、私の中でもかなりマイペースな印象を持っていて、あまり積極的に行動するイメージがありませんでした。
けれど、
「最近いつ何のインテリアを買いましたか?」
「音楽に取り組みだしたのはいつですか?」
という「いつ」を使った二つの単純な事実質問によって、興味のあることを熱心に追求する先輩の一面を新しく知り驚きました。

今までその先輩について、インテリアが好き、ロックが好き、料理が好き…など、会話のなかで知っていっても、自分があまりその分野に精通していなかったり、会話の広げ方が分からなかったりして、そうなんだ~とか、すご~いとか、うわべだけの返しをしてしまっていたことが多かったと思います。
いつから調べ出したのか、最後に何をいつ買ったかなど、簡単に聞ける事実を知ろうとせず、自分の中にあるぼんやりした情報や普段のバイトでの様子など、自分の見たものや、理解できる範囲のことからだけでその先輩を見ていたことに気づきました。事実をたくさん聞いていくことで、私が今まで知ろうとしてこなかった先輩の一面を知れて、嬉しい気持ちになりました。

相手ではなく、自分に対しての気づきになってしまったのですが、事実と思い込みをごちゃ混ぜにして、ただたくさん会話するだけでは、何もその人に対する事実を知ったことにはならないと学びました。
知り合って丸二年近くですが、私の中の先輩への印象がやっと少し変化したおしゃべりでした。


(笠見友香 ムラのミライインターン)







→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年5月8日火曜日

子育て相談 決めるのは誰?



相談者「娘(1歳くらい)の左利きを直したいんですが、直りますか?」
(結構、思いつめた感じがする・・・。)
私『何か(what)困ったことがあったの?』
「ご飯を食べるときとか、字を書く時に」
(あれ?まだ、字も書けないしご飯も離乳食でつかみ食べの時期)
『そうなんだ~、いつ(when)困った?』
「まだ本人は困っていないんですけど、この先困るかな?って」
『あなたは左利き?』
「違います、主人が左利きです。主人が困るから直した方が良いって。
 私はどっちでも良いかなぁ~って思っていたんですけど・・・。」
『分かった、あなたはどちらでもいいのね。
ご主人が困ったという気持ちに共感することはできる?』
「できます。所作の美しさとかも大切だし、
ほとんどの道具が右利き用で作られているのできっと困ると思います。」
 『じゃぁ、どっちでも良いかなぁではないということ?』
 「はい」
 『夫婦同じ気持ちで出した結論だと思える?』
 「はい」

この後、夫婦で同じ方向を向いて子どもに接していれば練習次第で何とかなるよ。みんな初めは「できない」から始まるんだし、私たちも初めから一人で何でも上手にできたわけではないしね。とお話していたら、とても素敵な笑顔で一緒に来たママ友の元へ戻っていかれました。

相談されるとき、一番配慮していることは相談を受ける側が決めたことを相談した人が行動するというパターンにならないようにということです。あくまでも決めるのは本人。そこを導き出すのにメタファシリテーションは本当に役立ちます。

(渡邊雅美)

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べる1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年5月1日火曜日

代表オンステージ!現場スタッフの声が聞きたい時は・・・

組織を対象とした支援に共通する場面として、代表者や設立者など、その組織の中心人物だけが話して、活動を担う現場スタッフの声がなかなか聞けない・・・というパターンがあります。そんな状況になった時も、あわてず騒がずメタファシリテーション方式の質問(事実質問)をすることで、それまで話していた方をさえぎることなく、うまーく話し手をスイッチすることができます。

もう何年も前のことですが、何人かのグループで、あるNPOにヒアリングをする機会がありました。話し手として出てきてくださったのは、代表理事と事務局長。お二人とも団体設立からずっと活動してきているので、たくさんお話が聞けそうだなと期待していました。

ところが、設立のきっかけ、めざすこと、団体の強み、今後の課題・・・ヒアリングに伺ったメンバーがどんなことを聞いても、スラスラと喋ってくれるのは代表理事。事務局長はその隣で、黙ってうつむいています。表情もよく見えません。まさに、「代表理事オンステージ」のワンマンショーになっていました。

うーん・・・ボスの見解を一通り聞いてもいいけど、それだけでは団体の今のリアルは見えてこないかも・・・「社長」だけじゃなくって、あなた(事務局長)の話も聞きたいのよ・・・と内心ジリジリしつつ、うまい入り口を探していました。

と、その時。

代表理事:うちの場合、ボランティアがいなくては活動が成り立たないのでね、登録してもらう時によく面談したり、色々と工夫してきてるんですよ。
私:それは素晴らしいですね。最近、新たに登録されたボランティアはいらっしゃいました?
代表理事:えーっと・・・(事務局長の方を向いて)どうだった?
事務局長:(初めて顔を上げて)あ、昨日、事務所にいらっしゃいました。
私:どなたが対応されたんですか?
事務局長:私です。
私:事務所にいらっしゃって、まず何をされたんですか?
事務局長:ボランティア登録の用紙があるので、それに記入してもらいました。
私:そういう用紙があるんですね。記入してもらってから、どんなお話から始めたんですか?
事務局長:はい、まず・・・

この後、実際に何をして、何を話して、その次に・・・という風に、その時の状況を具体的に質問し、事務局長さんがどんどん答えてくれたのでした。

事務局長さんが対応した直近のボランティア登録、というピンポイントのできごとが出てきたので、そこに絞って具体的な行動を聞くことで、質問の内容は「(その時対応した)事務局長さんしか答えられない質問」になりました。
もし、ここでピンポイントのできごとに絞らず「ボランティア対応の担当はどなたですか?手順はどうしていますか?工夫していることは?」という聞き方をしていたとしたら?
たぶん、引き続き代表の方が話し続けていたのではないかと思います。

代表理事オンステージ、村長オンステージ、自治会長オンステージ、先生オンステージ・・・世にあふれる「声の大きい人オンステージ」。そこからスッと抜け出して、別の人の眼から見えている風景をステージに乗っけたら・・・意外な風景が広がるかもしれませんね!

宮下和佳 ムラのミライ専務理事)



ムラのミライの研修は「先生オンステージ」…ではありません



→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年4月30日月曜日

本日のムラのミライ(スタッフ日誌 宮下和佳編) 2018年4月9日から4月13日

2018年4月9日(月)
午前中はアカツキのお二人と、福岡でのメタファシリテーション講座の開催予定や運営の仕組みについて打ち合わせ。AppearInというオンライン会議のシステムを紹介してくださったものの私がうまく動かせず、Facebookのグループ通話を使いました。

午後からは、こんどはムラのミライスタッフのミーティング。西宮にあるオフィス、京都・名古屋にそれぞれ在住のスタッフ自宅と3か所をSkypeでつないで実施。
こういうネット通話サービスのおかげで、遠方の人や団体との協働や在宅勤務がずいぶん楽にできるようになったなぁと思います。

データベースやファイル管理もクラウド化しているので、別の場所にいるスタッフとのやり取りにストレスがなくなっている一方、インターネットがダウンすると仕事にならない・・・というリスクもありますね。ネパールでギャネンドラ国王によるクーデターが起こった時、電話回線が遮断され、日本にいた私は現地の友人たちの安否にやきもきしたことを思い出しました。実際にあの時、ジャーナリストやNGOなどのアクティビストが何人も行方不明になったんですよね・・・インターネットはすごく便利だけれど、こういう不測の事態や災害で通信回線が遮断された時のことを想定しておく必要があるんだろうな、と思います。できてないけど・・・

2018年4月10日(火)
5月・6月に実施するセミナーや講座の会場予約をして、ムラのミライホームページに掲載。名古屋・東京・西宮での開催予定が出そろいました。

名古屋・西宮のセミナーはちらしも作成して、印刷手配。インターネットでの参加者募集だけでなく、ちらしも配布することで、今まで届いていなかった方にも情報をお届けできたらいいなあ。

2018年4月11日(水)
今日のランチタイムはトランジション西宮のタイさん&やおっちと十紀恵さんと一緒に韓国料理屋さんへ。ゴールデンウィーク前半にトランジション西宮GW映画祭という3日間イベントをやる中のひとつ、「ポバティーインク」上映&トークセッションの打ち合わせ。

https://www.facebook.com/events/212714926154577/

2018年4月12日(木)
今日から新インターンの埜村さんが出勤。今年2月にインドのフィールドワーク入門ツアーに参加してくれていたので、その時の様子を聞いたり。講師のひとり、インドのラマラジュさんはとてもかっこよくていい匂いがする、というコメントに、三時のお茶を吹きだしそうになりました・・・いや素敵なジェントルマンですけどね、確かに。

2018年4月13日(金)
再来週に東京で開催するメタファシリテーション入門セミナーCANPANの運営をお手伝いくださるボランティアを募集したら、即4名の方から応募が!他にも「今回は行けないけどまた声かけて」とメールをくださったり。うれしいなあ。

宮下和佳 ムラのミライ専務理事)


★ムラのミライ 会員・サポーター募集はこちら



→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年4月24日火曜日

夫との対話と子育てが楽しくなるヒント


私は40歳手前でこどもがやってきた高齢出産の母です。それまでに好きなことをしてきて、何かあれば「助けてあげるよ」という友人たちに囲まれての出産だったので、産後は社会的喪失感や孤独感を感じることも少なく、わりと緩やかに過ごせたほうかもしれません。
ただ、お産が希望していたもの(助産院での自然なお産)とは天と地ほど離れたもの(緊急帝王切開)になったので、それを受容する過程で家族や友人に気持ちを伝えるのが難しくて苦労しました。

完全ワンオペからギリギリセーフの子育て環境

子育ての環境はというと、1.夫は妊娠中から単身赴任で月に1、2度帰宅、2.私はフリーのヨガインストラクターとして産後二カ月から仕事復帰、3.実母が週1手伝いに来てくれる、4.相談できる、頼れる友人がいる、5.一度落ちた
ものの長女(今は、4才)は無事保育園に入園
ということで、完全ワンオペからギリギリセーフという状況だと思います。

そんななか、それはもうかわいい、かわいいと育てた娘が2歳半になった頃、自我に芽生えた娘との衝突が始まりました。
それまでは「ワーイ歩けたね」「ワーイ話せたね」「ワーイ一人で○○出来たね」と褒めることしかなかったのに、いつの間にやら「どうしてこんなことするの?」と言うことが増えてきました。
「あれ?こないだまでめちゃくちゃ可愛かったのになぜ?」なんて思ったりして、「あーそうか私の思い通りになる時期(そもそもそんな「思い通りになる時期」などないはずなのに…)はもう過ぎたのか」と気付いたのです。

4才の娘をひとりの個人として尊重したいのに…

意思がハッキリしていて、すべての行動に彼女の思いがあると言うこと、彼女には彼女のこだわりがあると分かっていても、言葉もつたない娘の思いが私には分かりません。
産後のゆっくり仕事復帰から、レッスン数も徐々に増え、忙しくなってきたと同時に、転園という出来事がありました。全く余裕のない私は娘に対して毎日イライラしていました。
「ひとりの尊厳ある個人として、娘と付き合っていかないといけない」と頭では分かっていても、なかなか上手くいかないと悩んでいました。そんなとき、ムラのミライの講座*に出会い、講座で習った対話を娘に実践したところ、だんだん幼い彼女の頭の中がのぞけるような気がし始めました。

「保育園どうだった?」と聞くのを止めてみた!

転園後、お友だちの輪に入っていけない娘の後ろ姿を見送りながら、心の中で応援することしか出来なくて涙していた以前の私。しかし、講座の後、今まで「保育所どうだった?」と質問していたのを、「今日は園庭で遊んだの?」と質問をちょっと変えただけで、娘との話が弾むようになりました。
「今日は、園庭で遊んだ!その時になあ、○○ちゃんがこんなこと言ってなあ。みんなで大笑いしてん。ガハハハ(思い出してまた笑う娘)〜。オモシロイやろ?で、そのあと手を洗って、ランチルームでご飯食べた。ホントは、まだ遊びたかったけどさあ…」などなど、娘から話がどんどん出てくるのです。それはまるで、その日に保育園であった出来事が、浮かび上がってくるようでした。私が嬉しそうに聞いているので、もっと話したくなるようです。

明日着る服は寝る前に用意できる対話

こんなこともありました。今まで、朝起きてから、その日に着る服を決めるのに、娘はとてもとても時間がかかり、私と娘は毎朝ケンカをしていました。彼女は、朝起きてから出かけるまでに何回も服を着替えるのです。押し問答の結果、最後には「なんでもいいから着なさいっ!」と無理矢理着せて、自転車に乗せて保育園へ送って行くというパターンでした。

これではいけない、とある日ゆっくりと時間をかけて娘に「着たい服」「着たくない服」「好きな組み合わせ」を細かく事実で聞いてみることにしました。
「この洋服を着たくないのは、キツいから?」、「丈が短いから?」、「色が嫌いだから?」、「この洋服が着たいのは、触り心地が良いから?」、「ハートマークがついてるから?」というように。
具体的に彼女が言い表せなかったかもしれない言葉を並べて聞いてみると、「そんな感じかな〜」と思う言葉を選んで、私に教えてくれました。
今は服を自分で選んで、納得してから布団に入り、朝起きたらすぐに自分で着替えてくれるようになり、毎朝のケンカがなくなり、平和になりました。

「私のことを理解しよう」としてくれるのが伝わってくる夫の質問

実は夫も私と一緒に講座を受けました。講座の帰り道、お店でご飯を食べているとき、今まで私の仕事について曖昧な質問しかしてこなかった夫が「今はa littleの会員さん*何人いるの?」「ヨガのファミリークラスは男の人も参加してるの?」など具体的に聞いてきてくれたのです!
講座で学んだことをすぐに使って、私のことを知ろうとしてくれてるのが、とても嬉しくて、会話が弾み、楽しい食事になりました。

お腹の赤ちゃんも一緒に次のステップへ

良い例ばかり書きましたが、実は、上手く行かないことの方が多くてまだまだ全然使いこなせていません。しかし、家族でひとつのコミュニケーション方法を知ったことで、子育てを楽しくするヒントをもらった気がします。今がスタートなんだ、と思っています。
今年に入ってお腹の中に新しい命がやってきました。次のお産がどのような経過をたどるのか、少しこわいような気がしますが、お産まで半年あります。夫や娘と、娘が生まれたときのお産のこと、次に生まれてくる子のお産のこと、これからの生活のこと、出来るだけ具体的に話合う時間をとるつもりです。
家族の形が新しくなっても楽しく子育てが出来るように繰り返し受けたい講座です。次回のステップアップ講座も楽しみにしています。ありがとうございました。


さかぐちゆうこ ゆうゆうyoga代表・インストラクター


*ムラのミライでは、さかぐちゆうこさんも運営メンバーのa littleという兵庫県西宮市にある家事・子育て支援の団体(会員制)と一緒に、2017年7月、10月、2018年3月とメタファシリテーションを子育て中の方にご紹介する講座を開催しました。2018年4月からは、a littleとムラのミライのコラボレーションで、「女性の健やかな心と体サポートプロジェクト」を3年間の予定で始まっています



→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年4月23日月曜日

本日のムラのミライ(スタッフ日誌 宮下和佳編) 2018年4月2日から4月6日


2018年4月2日(月)
朝からオフィス内を大掃除(というより、中掃除くらいかな?)。暖かいこの季節の方が掃除がツラくないという声があり、確かに。年末じゃなくていいかも、ですね。
1時半からは、ちょっと遅めのお食事会。スタッフのお祝いごとなので、近くのフレンチレストランLa petiteでコースランチ&スパークリングワインをゆっくりと堪能しつつおしゃべりに花を咲かせました。

2018年4月3日(火)
終日、オフィスで静かにお仕事。
先週土曜日の講座のお片付けやデータ更新、募集中の講座へのお申込み対応。
これから開催するメタファシリテーション講座(今月下旬の東京、来月下旬の宇都宮)の参加者募集を、いくつかのポータルサイトに掲載依頼。クチコミや検索流入もさることながら、テーマごとの情報が集約されているポータルサイトでムラのミライ(の講座)のことを知ってくださることも多くいらっしゃいます。掲載するサイトはいくつかありますが、特にCANPANSENSEI PortalPartnerには、欠かさず情報掲載をお願いしています。
作業を進めていくと・・・おや、JICAが運営しているPartnerが全面リニューアルされていました!・・・が、あれ?何かちょっと、操作性が・・・イマイチになったような・・・以前はHP上で情報入力・修整できたのが、Excelに入力したものを送るという形に変更されています。これ、修整したい時はどうするのかな?そして、以前は、過去に掲載した情報をコピー&修整して新規掲載することができて大変便利だったのですが、その機能がなくなっている!?うーん、うーん・・・ど、どうなん、これ。

2018年4月4日(水)
キャッシュフローをとりまとめてくれている美翔さんへ、担当している事業の第1四半期のお金の動きをお知らせ。零細NPOですので、資金繰りは注意深くチェックしておかないと、「あっ!給料日なのに、払うお金がない!」という恐ろしい事態になりかねないのです・・・トホホ。

お昼からは、セネガルプロジェクトに関する打ち合わせにSkype参加。プロジェクトに出張する和田さん中田さん香子さんが京都に集まって打ち合わせしているところに、オンラインで合流する形です。
あちこち脱線したり、ざっくりし過ぎたりする親方たちのトークを、ちゃんと引き戻して話を進める香子さんに感心(笑)

2018年4月5日(木)
今日の夜から名古屋でメタファシリテーション基礎講座の3回分割コースをする香子さん。いつも1日でやっている内容を3回にどう分けてます~?と聞かれたので、Skypeでシェアタイム。3回分割だと、「次の講座までにコレをやってきてくださいね~」と宿題を出して実践してきてもらえるのが(1日講座と比べて)とっても良いところ。より実践的に進めることができます。
昼食は近くの名店「長寿うどん つるかめ」で野菜天ぶっかけうどん。超コシのある麺がおいしいのです!
午後はブログを更新したり、Facebookページに投稿したり、次回のメルマガを下書きしたり。


2018年4月6日(金)
午前中、和田さんがオフィスへ。イランプロジェクトの契約書を印刷。業務計画書に興味津々でチラ見しつつ、メタファシリテーション講座をムラのミライ以外の団体が主催していく場合のルールづくりについて打ち合わせ。
お昼からいったん自宅に戻って、もろもろ用事を済ませたりした後、夕方5時過ぎに再び出勤。今日はメタファシリテーション入門セミナーです。2時間という限られた時間で実施するセミナーは、毎回、参加者に応じて内容を取捨選択しています。

宮下和佳 ムラのミライ専務理事)


★ムラのミライ 会員・サポーター募集はこちら



→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2018年4月17日火曜日

祖父との対話 怪我をした本当の原因は?


私には86歳になる祖父がおります。
祖父は毎日、散歩に出かけるのが習慣です。

ある日、その祖父が散歩に出かけ、転んで怪我をしたとの連絡が母の携帯電話に入り、祖父の住む家へと向かいました。
祖父が転んだ時は、運良く近所の方が目撃していて、その近所の方が救急車を呼んで下さりました。祖父は顔に怪我を負っていましたが、命には別状がないという事で、搬送された病院で診療を終えた後に自宅へと戻りました。

母と私が祖父の家に駆けつけ、祖父に見舞いの言葉をかけた後に、母は転んだ原因を尋ねるために「なんで転んだの?」と祖父に尋ねました。
祖父はその質問に対して「私は年齢のせいで体力が落ちている、仕方のない事だ。」と言い、その後すぐに母は「軽い怪我で済んで良かった。今後は気をつけて歩いてね。」と言って、母と祖父の会話は終了しました。祖父は、家族に心配をかけた事と、転んでしまった事で落ち込んでいたようでした。

 
その様子を見ていた私は、祖父に対して事実質問を行いました。

私:じいちゃん、顔が腫れて痛そうだね。その怪我をしたのって昨日の何時か覚えてる?
祖父:散歩に出かけたのはお昼過ぎだったと思うよ。
私:昨日のお昼過ぎは晴れてた?
祖父:曇りだった。
私:どこで転んだの?
祖父:いつもの散歩コースで川沿いの道だ。
私:ちなみに転んでしまった時は、後ろに転んだのか、前に転んでしまったのかは覚えている?
祖父:たぶん後ろ側に転んだと思う。滑って体のバランスを崩した。




私と祖父の会話を聞いていた母が「えっ?前に転んだんじゃなかったの?顔に怪我をしているから、前に転んだと思っていた。」と驚いた顔で言いました。

私:滑ったって事は、足場が悪かったの?
祖父:歩道の工事をしていたから、工事現場の仮設の脇道を通った。
私:工事現場の脇道ってどんな状況だったの?
祖父:鉄板がひいてあった。
私:その顔の怪我って、何にぶつかったか覚えてる?
祖父:ぶつかったのは、川沿いの道に車両が入って来ないようにする為のコンクリートの置物だった。

私と母は、顏の怪我を見て、前に転んだと思い込んでいました。しかし、祖父の話を細かく聞いて行くことで、転んだ場所の足場が滑りやすかったこと、実際には後ろに転んだこと、そして顔の怪我は、転んだときに近くにあったコンクリートの置物でできたもの…という状況がわかってきました。私との会話を終えてから、母と祖父は、転んでしまった原因が体力の低下によるものではなく、足場が滑りやすかったためと気がついた様子でした。

後日、祖父の怪我が治ったので、私は祖父と散歩に出かけました。
祖父は私と歩く速度が同じで、姿勢もよく、祖父が転んでしまった原因は体力の低下では無いことがわかったので、私は祖父に「歩く速度も速いし、歩き方も普通だね。体力は落ちてないんじゃない?」と言いました。

その言葉を受けて、祖父はそっけない様子でしたが、祖父は現在も元気に散歩を続けています。

(メタファシリテーション基礎講座修了生 
坂本達也




→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605