2020年1月10日金曜日

Terangaの国セネガル

今年開催されるオリンピック招致の際に、ある言葉を日本の文化としてアピールしたスピーチが話題になりましたが覚えていますか?

「お・も・て・な・し」

実はセネガルにもTeranga(テランガ)という文化が強く根付いています。
Terangaとは「おもてなし」「ホスピタリティ」「シェアする」といった意味です。

実際にここ数ヶ月でもいたるところでセネガルの方のTeranga精神を感じました。
例えば、仲良くなると「うちにご飯食べに来なよ」と誘ってくれます。
ご飯を食べるときには大皿に盛ったご飯をみんなで分けながら食べます。
盛り付けられている魚・肉・野菜などの具がまるごと乗っているものを、全員がまんべんなく食べられるようにちぎって分けます。

また、アタヤという甘いミントティーを軒先で作っている人がいると、「アタヤ飲んでいきな~」と誘ってくれたり、とにかく知っている人も知らない人も分け隔てなく招いてくれます。

私が泊まっている宿のガードマンさんやそのお友達が話したり、テレビを見ているところによく混ぜてもらっていますが、毎晩アタヤを作って、断らない限り次から次へと勧めてくれます。一日にいったいいくらアタヤに出費するのか気になり、事実質問で聞いてみました。

私(以下、A):今日はアタヤに使う茶葉は何パック買ったの?
ガードマン(以下、B):今日は3パックかな。
A:昨日は何パック買ったの?
B:昨日も3パック買ったね。
A:どこで買ったの?
B:近くのブティック(商店)だよ。
A:1パックいくら?
B:150Fだったね
A:て、ことは3パックで450F(約90円)だね。じゃあ、お砂糖は何袋買ったの?
B:今日はsoow(ヨーグルト)も作ったから2袋買ったよ。
A:それも商店で買ったの?
B:うん。でもアタヤだけ作る日は1袋で大丈夫だよ。
A:砂糖は1袋いくらだったの?
B:一袋これも150F。
A:2袋で300F(約60円)か。じゃあ、ミントはどこで買ったの?
B:これもブティックで100F(20円)くらいだったかな。
A:じゃぁ、アタヤを沸かす燃料の炭はいくら?
B:一袋100F(20円)でこれもブティックで手に入るよ。
A:何でもブティックで手に入るんだね。てことは合計950F(190円)かぁ。一月、30日とすると28,500F (5,700円)!

Bさんも頭では大体わかっていたけど計算したことは無かったようで少し驚いていましたが 、すかさずこう言われてしまいました。
「これはTerangaだからお金じゃないんだよ~。僕が一生懸命働くのは友達にこうやってアタヤを配って楽しい幸せな時間をシェアするためなんだ。Richという事はただお金をたくさん持っていることじゃなくて、どれだけそれをみんなのために使えるかなんだ。それに心からTerangaしていたら神様はちゃんと見ていて、困ったときには仲間が助けてくれるんだよ。」

はい、ごもっともです。
事実質問したことでいくら出費しているかだけでなく、彼らのTerangaの考えも聞くことができました。同時に、自分がいかに「自分のもの」「他人のもの」の線引をしているか自分にも気づきがありました。そもそも、そこに境界線の意識をあまり持たない彼らにとってはアタヤの出費など気にならなかったのかもしれません。セネガルの人にとってTeranagaし合うことは助け合いネットワーク作りとしても大切な意味合いを持っていると思います。
疲れていたり時間がなかったり、余裕がないとすぐに自分優先になってしまう私。
お金や置かれた状況に余裕がなくても、相手のことを優先するセネガルの人の姿勢には教わることばかりです。

相手が快適に過ごせるように細やかに心配りする日本の「おもてなし」
別け隔てなく相手を受け入れ、幸せを分かち合うセネガルの「Teranga」
方法はそれぞれだけれど、「相手を想う」という一番大切な部分は日本もセネガルも共通しています。

さぁ、みなさんは明日どんな“おもてなし/Teranga”をしますか?



PS:ムラのミライのセネガル駐在員 菊地さんは、
すぐに些細なことや相手の気持ちに気づき、さり気なくフォローして下さったり、
どこかにちょっと外出したらお土産を用意して下さったり、
「おもてなし」と「テランガ」を兼ね備えています^^

(加藤愛子 ムラのミライ インターン)


セネガル・プロジェクトへのご寄付を募っています。
バナーのリンク先で、プロジェクトの背景・これまでの成果・今後の活動などをご覧頂けます
http://muranomirai.org/donationsenegal2019

2019年12月20日金曜日

名前とアイデンティティー

皆様、Nanga def? (ウォロフ語:お元気ですか?)
ここ1ヶ月ほどセネガルで過ごし、だんだん長い挨拶もスムーズに対応できるようになってきました。(第一回参照)

初対面の方と挨拶するとき名前を聞かれた後よく「名字は?」と聞かれることがあり、不思議に思っていました。今まで訪れた国の中でこんなに名字まで聞かれたことがなかったからです。

セネガルにはウォロフ族、セレール族、プル族、その他の民族、さらに近隣国からの移民と多くの民族が暮らしています。それぞれの民族によって特有の名字があり、名字を聞けばどの民族かだいたい分かるそうです。
もしかしたら、名字まで確認することは無意識にその人のバックグラウンドを確かめるために聞いているのかもしれません。
また、名前にも宗教的な要素が反映されており、例えばイスラム教の男性だったらママドゥ、女性だったらアイシャなどイスラム教関係の名前をつけることがよくあるそうです。

先日、赤ん坊が生まれて1周間後に行うイスラム教の命名式(ngente)に参加してきました。
会場となる家の前には華やかに着飾った人が50人以上集まっていました。

子供の名前は親が親族や親しい友人の名前から選んでつけるそうで、選ばれたその人は赤ん坊の経済的・精神的な支えとなるそうです。ウォロフ語には自分と同じ名前の人のことを「サマ トゥール ンドゥール」「サマ トーマ」という専用の言葉があることから、それが重要な意味を持つことが伺えます。

命名後、集まった人たちにイスラム教指導者がコーラン(イスラム教の聖典)に書かれている、“みんなで子どもたちをどう守り、育むか”を解説していました。たくさんの人が生まれてきた赤ちゃんを祝福し、みんなで成長を見守ろうとすることに心が暖かくなりました。

セネガルの方にとって、名前は民族・宗教・家族などのアイデンティティーに加え、揺るぎない繋がりを感じられる大切なものだとわかりました。セネガルの人の明るく穏やかな情緒は、そうしたなかで育まれたものだと思います。
(ちなみに私の名前は愛子なのでセネガルネームはアイダです。)
(加藤愛子 ムラのミライ インターン)



セネガル・プロジェクトへのご寄付を募っています。
バナーのリンク先で、プロジェクトの背景・これまでの成果・今後の活動などをご覧頂けます
http://muranomirai.org/donationsenegal2019


2019年12月4日水曜日

自分の畑を知ること

こんにちは。セネガル駐在員の菊地綾乃です。

日本では本格的な冬が始まる12月、セネガルでは短い雨季が終わり、また長い乾季が始まっています。
セネガルの9ヶ月ほど続く乾季には、雨がほとんど降りません。ですので、雨季の雨がとてもとても貴重です。

雨季には人々が広い農地で、雨水で育つ穀物を中心とした栽培を行います。ヒエ、モロコシ、落花生、豆、とうもろこしなどの畑が大地いっぱいに広がります。
一方で乾季には雨がないので、作物を育てるには水やりをしなくてはいけません。ただ、この水やりが農民にとっては悩みの種です。


過去二年間のセネガルの降水量はそれ以前に比べて少なく、雨季の栽培だけでなく、乾季の水源確保にも影響を与えました。というのも、セネガルの村の農業は井戸を主な水源としています。この井戸にどれだけ水が溜まるかというのが、農業を成功させるカギとなるのです。

さて、この「水」ですが、いったいどこから来るのでしょうか?

セネガルの信仰深い人であれば「神からの恵み」と言うかもしれません。たしかに、セネガル人の前でそれは否めません。ただ、シンプルに理科の知識で考えると、水は循環していると言えます。そして、地表を潤す水は、空から雨として降ってくるのです。

単純には、この水をどれだけ地中に蓄えられるかがポイントになります。なぜなら、地表に降ってきた水はその後、川に合流して海に流れていくか、蒸発または蒸散によって空気中に放出されるか、地中に浸み込んで地下水となるかのいずれかですので、地中に浸み込む量が多くなれば良いのですね。

ムラのミライのセネガル研修では、そういった水の動きや土の役割を説明しながら、村の現状を村人とともに歩いてたしかめていきました。そうすると、雨水の多くが地中に浸み込まないで流れ、あるいは蒸発してしまっている状況が見えてきました。これは地表に草木がなく大地が剥き出しになっていたり、土が長い間かけて劣化したりした結果だということを説明しながら、研修生の村人と気づきを共有していきます。

ここで気づいたこと、理解したことを研修生たちが自分たちの畑で実践していました。

それまでは刈っていた雑草を刈らずに土の保水性を上げようとした人、小さな土手を作って流水を食い止めようとした人、そして、水やりの水が蒸発しにくいように藁で地表を覆いながら栽培をしている人。少しずつですが、新しいことに挑戦したり、栽培の方法を少しずつかえたりして、研修で理解したことを自分のものにしようとする研修生たちの姿がありました。


私たちはその他にも、研修生がしている栽培状況を把握するための収支計算や、収支計算に必要な畑の測量、病気や不作を防ぐため植物の科の知識、土の栄養素の知識について、研修生たちがしてきたことを振り返りながら確認しました。

このようなこと総合的に考えることができれば、自分の畑の状況を把握することができる。把握ができれば、どれだけの収穫量を得るためにどれだけの投資をすべきか、計画することができる。計画ができれば、自分たちの生活を回していくための見通しができる。見通しができればたくさんの選択肢が生まれる・・・

自分の現状に気づくことが、自分たちの生活ひいては子供たちの生活、そして「村の未来」を作っていく大きな可能性を持っています。

研修を受けたある村人が言いました。
「いままでは市場の価格に左右されて栽培する作物を決めていました。でも研修を受けてからは、自分の畑でよく育つものを考えて計画をした作物を栽培しています」

自分の畑を知ることは、主体性を生み出す。

ムラのミライはこうした主体性を引き出すことを、小さな気づきをもたらすところから始めます。
いつかこの気づきが、時代を先見する大きな動きになっていくことを信じて。

今後も日本のみなさんとセネガルでの体験を分かち合いながら、双方向の気づきが生まれることを願っています。


(セネガル事務所 菊地綾乃)


このプロジェクトへのご寄付を募っています。
バナーのリンク先で、プロジェクトの背景・これまでの成果・今後の活動などをご覧頂けます
http://muranomirai.org/donationsenegal2019

 

2019年11月20日水曜日

アフリカ発祥オクラとスープカンジャ

アッサラームアライクム!(こんにちは!)
※セネガルはイスラム教の方が多い国です

日本でも食べられているオクラ、実はアフリカが原産らしいです。
日本から13,682km離れたセネガルではどうやって食べられているかご紹介します。
セネガルで多く話されているウォロフ語でオクラはkanja(カンジャ)といいます。

みんな大好きSoupkanja(スープカンジャ)


魚介の出汁が効いたオクラのネバネバ料理。ご飯にかけて頂きます。
味に深みがあって美味しく、日本人の舌にも合う味です。

材料:オクラ、オクラパウダー、玉ねぎ、ピーマン、苦ナス、生の魚、にんにく、干した魚、塩漬けした魚、干した貝、発行させた豆、エビパウダー、唐辛子、ブイヨン、パーム油

作り方
1.オクラを薄く切って杵と臼で潰します
2.切ったオクラ以外の材料を切り鍋に入れて煮込みます
3.3から魚のみ取り出して骨を取る
4.2に1の潰したオクラを入れて煮込む
5.最後にパーム油を入れて完成

大皿に盛ったご飯にかけて、みんなで食べます。

海に面し豊富に魚介が採れるセネガルと日本、干した魚を出汁に使うことや発酵させた豆を使うところが似ていて、日本人の味覚にも合うのかもしれません。
一方、乾燥地帯にあるセネガルは油を多く使った料理が多いと感じました。
料理にもその国の気候や環境が反映されていますね!

「農村部で採れた野菜がどのよう調理され、消費されているか観察する必要がある」と、ここ2週間完全セネガルご飯で生活していますが、いっこうに飽きが来ないほど美味しいです。(ただ食べたいだけでしょ?とは言ってはいけない)



(加藤愛子 ムラのミライ インターン)


ムラのミライの農業プロジェクト地で栽培されたオクラ



セネガル・プロジェクトへのご寄付を募っています。
バナーのリンク先で、プロジェクトの背景・これまでの成果・今後の活動などをご覧頂けます
http://muranomirai.org/donationsenegal2019




2019年11月12日火曜日

“jamm”の国 セネガル

こんにちは!
ムラのミライでインターンをさせて頂いています、加藤愛子です。
セネガルで行われている農業プロジェクトの様子やセネガルの様子を発信していきます!

私がセネガルに来てまず一番印象的だったことは、とにかく“jamm=平和・安らぎ”が大切なこと。
現地のウォロフ語を覚える中で一番最初に覚えたことは、”jamm”がたくさん出てくる長い挨拶でした。
よくあるウォロフ語の挨拶を紹介します。

Nanga def?ナンガ デフ?(どうしてる?) 
Mangi fii rekkマンギ フィ レック(元気だよ)
Yangi noos? ヤンギ ノース?(生活は順調?)
Mangi noosマンギ ノース(順調だよ)
Mbaa yaangi ci jamm? ンバー ヤーンギ チ ジャム?(生活は平穏ですか?)
Mangi ci Jammマンギ チ ジャム(平和です)
Sa yaram jamm? サ ヤラム ジャム?(体の調子はどぉ?)
Jamm rekkジャム レック(好調です)
Yendul ak jamm! イェンドゥル アク ジャム(よい1日を平和とともに)

とにかく、みんなが平和でいる(jammである)ことを確認し、願います。



初日にも、「ここではみんなお互いにリスペクトはあるけど、ヒエラルキー(上下関係)はないんだ。だからリラックスしてハッピーに過ごしてね!」「セネガルではみんな笑顔なんだ。だから君も笑顔で過ごせますように」と言われたことに感激しました。
そして言葉からだけでなく、彼らの屈託のない笑顔からもそれは伝わってきます。
セネガルの雰囲気に身を委ねて心はゆるゆるとリラックスしていきました。

毎日の挨拶から平和を意味する”jamm”を口にすることで、セネガルの方の意識の中に“平穏”であることが根付いているなぁと実感した最初の1週間。
この先も素敵な滞在になること間違いなしです!

(加藤愛子 ムラのミライ インターン)





セネガル・プロジェクトへのご寄付を募っています。
バナーのリンク先で、プロジェクトの背景・これまでの成果・今後の活動などをご覧頂けます
http://muranomirai.org/donationsenegal2019

2019年11月5日火曜日

異文化交流のシンプルな方法って…

去年の夏から冬まで、アメリカ東海岸沿いのニューヨーク州に留学していました。
寮の2人部屋に暮らしており、アメリカ人のルームメイトがいました。(彼女のことをRとします)
始めの一ヶ月ほど、私は人とうまく英語での会話のキャッチボールが出来ず、授業の課題も忙しく、Rともほぼ話せ(
し)ませんでした。

架空のルームメイト像

私は、そのとき「言葉」を使わず「視覚」で彼女を判断していました。
はじめて一緒の部屋に暮らすアメリカ人。
始めこそ、よくパーティーに行き夜中に帰ってきたり、部屋でスマホを触っている顔がなんだか怖かったりして(美人さんだったので・・・笑)
「私とは話したがらないのかも」と、架空の彼女の像を抱いてしまっていました。

シンプルに、でも詳しく

私が徐々に会話に慣れるにつれ、Rと2人で話す機会が増えました。
私の英語は完璧ではなく、聞き落とす情報も、知らないことも沢山あります。
完璧ではないからこそ、会話はとてもシンプルかつ、詳しく聞こうとするものでした。
Rが「明日プレゼンをするの」と言えば、「何について?一人?」「いつからそれを学んでたの?」という風に。

時間が経つにつれ、今まで知らなかったRのたくさんの顔を知ることができました。
家族思いで、とても面倒見がよく
(助けられてばかりでした)、勉強熱心。
R自身、他国で生まれアメリカに来た背景があり、移民問題を熟知し、主観的に考えていました。
「無知でいることが耐えられない」Rの学ぶ姿勢にはいつも刺激を受けました。

留学先 紅葉のキャンパス

私も怖かった

私はあるときRに、「始めの頃、全てのことに緊張していて、あなたともあまり話さなかったけれど、それを後悔している」と言いました。
「私も怖かった」とRは答えました。
視界が開けた気持ちでした。
私は、自分だけが異文化に囲まれて緊張しているという思い込みをしていたのです。
実際はRも、英語が完璧ではない日本人とルームメイトになり、不安を抱いていたのに。
私はRと対話しようとせず、私だけが、自分のことをRより劣等な立場にあると、知らず知らずにみなしていたのです。

対話のもたらすもの

私が留学で得た、最も価値あることの一つが、対話することの可能性です。
自分と向き合い、相手の立場に立ち、会話することで、私はたくさんの自分の思い込みに気づきました。
異文化交流は難解に思えるけれど、シンプルに、相手を知るためにたくさん会話をして、また自分を伝える努力ということだと気づきました。



(笠見 友香 ムラのミライインターン)




→まずは知りたいという方へ:1時間半で知るメタファシリテーション1,000円セミナー

 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。
 対話型ファシリテーションの手ほどき



2019年9月20日金曜日

モノを入り口に、相手を知る

ある日の研修会場。
参加者同士で自己紹介も済ませ、最初の1時間半ほどが終わり、休憩時間となりました。
トイレに行って、席に戻ってきて、ちょっと手持無沙汰です。
隣の席のAさんに何か話しかけようかな・・・と、ふと見ると、Aさんの座っている机の上には、研修資料の他に、ペンケースと眼鏡ケースが出してあります。素材は異なりますが、どちらも色は赤だと気づきました。

私        ペンケースもメガネケースも赤なんですね。赤が好きなんですか?
Aさん    うーん、特に赤が好きということはないですね・・・
私        ・・・あ、そうなんですね・・・
(沈黙)

「二つも赤いグッズを持っているから、赤が好きなのに違いない」「持ち物を選ぶ時に、好みを優先して選ぶに違いない」という、私の思い込みが反映された質問です。結果、それらの思い込みは当たっておらず、どうも話は弾まずに終わってしまいました。

では、事実質問を使って「経緯を時系列でさかのぼる」ことをしてみましょう。

私        ペンケースもメガネケースも赤なんですね。このペンケースは、ご自身で買われたんですか?
Aさん    いえ、これは2年ほど前にプレゼントでもらったんです。
私        そうですか。

まずペンケースに対象を絞って、そのペンケースがAさんの元にやってきた経緯を聞きました。
そうすると、プレゼントでもらったという事実が出てきました。
いつ誰にプレゼントされたのかを聞いて行ってもいいですが、ここではまず、「Aさんのペンケースの歴史」の方を聞いてみることにします。

私        そうですか。その前は、別のペンケースをお使いでしたか?
Aさん    はい、十年以上、黒の革のペンケースを・・・結構良いやつです。それは今も自宅にあります。
(あ、という表情になって)そうそう、黒の方はとても気に入ってるんですけど、これ(赤いペンケース)をもらった時「せっかく頂いたんだし・・・」と思って、外出する時に一度使ってみたんです。
そしたら、カバンから取り出すとき、赤が目立って取り出しやすいなってことに気づいて・・・それ以来、意識して赤い小物をいくつか買いました。
このメガネケースもそうなんですよ・・・

「取り出しやすい色か~なるほどね!」と、自分も使えそうな知恵を手に入れることができました。

モノを入り口にして事実質問をする時、何度も買い替えてきた可能性がありそうなモノの場合は、この事例のように「今のコレ、の前に使っていたモノ」についても聞いてみます。
眼鏡、名刺入れ、ランニングシューズ、パソコンなど・・・替えることを検討し始めた時、決断した時、購入した(もらった/支給された)時、使い始めた時・・・それぞれ、いつ、誰と(どこで)、何を検討材料としたのか、あるいは替えることを余儀なくされたのか・・・使うモノを替えた時に、相手がどんな物事に影響されて、何を考えて替えたのか。
相手自身も忘れていたような、その人なりの工夫や発見を思い出すことにつながると楽しいですね。

宮下和佳 ムラのミライ専務理事)


→まずは知りたいという方へ:90分で知るメタファシリテーション1,000円セミナー

 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報