2014年5月27日火曜日

風景を3次元で「見る」

 あまりの自明さに、いささか気が引けるが、「見る」というのは、見ていないとできない。別の言い方をすれば、見ていないと、見えない。

 メタファシリテーションでいうところの「エントリーポイント」。「これは何ですか?」と、とりあえず対話を切り出すためのきっかけとしての問いは、当然ながら、問いかけるためのネタ、対象が必要となる。しかし、そのような対象は、都合よく話しかける相手が持っているとは限らない、あるいは、身近にあるとは限らない。むしろ、そんな都合のよいものは、ない方が多い。ではどうするか?たまたま語りかける相手が見つかるまでに、そのような「ネタ」を探しておくしかない。相手を前にして、えーと、えーととネタを探すようでは、相手が呆れるのは必定である。あるいは、しらける。ではどうすればいいのか?

1:インドネシアの南スラウェシ州のとある山の小さな村で、行き会った村人に私が最初にした質問。むろん、私がこの村を訪れたのは、このときが初めてだった。
私:あの植林はいつやったんですか?
村人:ああ、あれかね。5年前に森林局の人が来てやったんだよ。
同行していた地元のNGOの職員は、このやりとりに目を白黒させた。彼は、この村に1年以上通っていたが、その植林の存在を知らなかった。その植林は、集落の背後にある山の頂になされていた。

教訓:「見る」ときは、周囲360度のみならず、地面から空まで観察すること。つまり3次元で。

2:セネガルの中西部のカフリーヌ州のある村で。ある農家で、その家のおばさん(主婦)へ最初にした質問。むろん、私がこの村を訪れたのは、このときが初めてだった。
私:庭の奥の倉庫に積んである袋、あれは落花生ですか?
おばさん:はいな。
私:あれは、お宅の自家消費用ですか(当然商品作物とは知っていたが、一応知らないとして聞く)それとも・・・
おばさん:いえいえ、あれは、地主のもので、うちで預かっているのです。
私:とすると、あれはお宅の収穫物ではない?
おばさん:はいな。うちは、地主の畑で、落花生の季節に働くんです。
私と一緒にいた海外青年協力隊の隊員、この村に通い始めてほぼ1年。この家ともむろん馴染みだったが、倉庫にも、その中に積んであるものにも気づいていなかった。

教訓:よく見えるところにあっても、気がつかなければ、ないのと同じ。情報とは、情報と認識して初めて情報となる。

 「見る」とは、文字通り「見る」のであって、それは、つまり「見る」という行為は、目的地に向かって一歩踏み出したときから始まる。むしろ、目的地に着くまでが勝負で、着いたときには、質問の80パーセントは、実は組み立てられている。では、何を見るか?風景である。では風景とは何か?文字通り、風習も景色も、である。風景に対する感覚を研ぎ澄ます。これが、メタファシリテーション上達へのもう一つの柱。




(ムラのミライ共同代表 和田 信明)


2014年5月20日火曜日

住民組織をつくらない②

今回は、インドでの事例から、村の構造物を維持管理するための自分たちの住民組織について村人たちが考えるようになったきっかけ、の続きです。

2つの村の構造物の視察を終え、振り返り研修の日。

9時に研修開始と言う場合、今までなら早くて10時、遅い場合には11時半にやってきていた村の人たち。ところが、マ村のメンバーたちは今回850分という最速記録を樹立。

10時近くにやって来たポ村のメンバーたちに、「時間通りに来てもらわないと困るんだよねぇ」と文句を言い、研修中もリーダーが時間を見ながら制限時間内にきちんと発表材料を整えるという、今までにないマ村の、特に常連メンバーたちの変わり様に驚く私たちとポ村のメンバー。

「それでは、視察でいろいろと見たり聞いたりしたと思うのですが、各村での良い点、悪い点は何でしたか?」

A村の貯水池はダメで、B村の石垣は良かったです。」

C村のリフト式灌漑施設はものすごく良くって、D村の貯水池は最悪でした。」

研修へ臨む姿勢は変わるものの、発表の中身は相変わらずのポ村とマ村。

そこでラマラジュと筆者でオジサンやオバチャンたちに問いかけて、自分達が4つの村で何を見て聞いてきたのか、思い出させる。

その過程でも、「委員会がないっていうのは良くないよね」というメンバーに対して、「なぜですか?委員会があるとどういう利点があるのですか?」「何の委員会が必要なんですか?」と問い続け、どれだけ村の人たちが理解しているのかを測っていく私たち。

そうして、A村やD村で利用されている構造物が何故ダメになっていたのか、B村やC村では何故良い状態で使われていたのか、ほぼ同じ時期に建設されている4つの村で、まるで正反対の結果となっている理由は何か、ポ村とマ村のメンバー達はさらに詳しく考えていった。

そして最後には、メンバーたちは、「村の全体集会を開き全員の意見を取りまとめる」「建設実行委員会を作り、特定の口座をもつ」「活動内容を明確にして全員に知らせる」「議事録、帳簿、出席簿などを管理する」「建設後には維持管理委員会を作って、毎年メンバーを入れ替える」というような、構造物を長く運用するためのポイントを、今回の視察から掴み取った。

もしも視察をせずに、「村全体で集会を開いてみんなの意見を聞きなさいよ」「建設実行委員会を作りなさいよ」「定期的な委員会を開きなさいよ」「議事録などを付けなさいよ」とソムニードから言っていれば、オジサンやオバチャンたちは「なぜそれらが必要なのか」を理解しないまま、「言われた通りにやります」という待ちの姿勢になってしまう。

けれど、オジサンやオバチャンたち自身が視察から理解できたからこそ、「まずは村の集会からきちんと実行しないと」と、今回やる気を見せた。

視察の思惑、いや目的が果たせてラマラジュとほくそ笑む筆者。

そうして、オジサンやオバチャンたちは自分達の村の委員会や組織を振り返り始めた… 続きは下記よりお読みください。




2014年5月13日火曜日

住民組織を作らない①

今回は、インドでの事例から、村の構造物を維持管理するための自分たちの住民組織について村人たちが考えるようになったきっかけを、2回に分けてご紹介します。


うだるような暑さから一転、モンスーンの到来とともに気温も下がりつつある農村部。

自分たちの村にある構造物(※)の管理で散々なものが多くても、自分に甘く他人に厳しいのが人の常。最初から自分の村の構造物を見ても、その状態を冷静に分析できないと判断したソムニード(現ムラのミライ)は、近隣の村の構造物をパートナーの村人たちに視察に行ってもらうことに。

※例えば、灌漑に使うものから、土砂の流出を防止する石垣のようなもの、雨水を貯め、土地の保水能力を高めるもの、などなどの総称。同事業では、住民が維持管理できるインフラ設置を目指す。

ポガダヴァリ村(以下、ポ村)からの視察を一日、マーミディジョーラ村(以下、マ村)からの視察を一日、と設定し、それぞれの村から10人前後が参加した。

「ラマラジュさん(※1)、いつもと同じメンバーだと思ったら、初めて来る人たちもいますね」

「そうですねぇ。やっぱりアレですよ、キョーコさん(※2)。この前の、村全体でのミーティングで、今までのソムニードの研修やらこれからの予定やら全てを、研修を受けてきたオジサンたちがみんなとシェアしたときに、研修を受けてきていない村の人たちから色んな質問とか意見が飛び出してきたのが効いたんですよ。ほら、彼も質問をした一人ですよ。(※前号参照)」

初めて参加する人たちの中には「他所の村の構造物を見て、自分たちにとってナンか良いことあるの?」とソボクな質問をいきなりしてきたオバチャンもいて、常連参加のオジサンが「自分たちの村にはない設備もあるかもしれないし、どういう場所に貯水池やチェックダムを作ってるとか参考になるだろう?それに、建設や修理の方法も何か分かるかもしれないし。」と、やんわりと応える。

加えて、私たちからヒントを与える。

「これから見るものは、全てが成功例ではないかもしれないですよ。」

「それに、構造物の作り方とか直し方とか以外にも、村の人たちが建設前、建設中、建設後にどうやって係ったのか知っていますか?」

「構造物の設置や維持管理が上手くできていない村からも学べることは無いんですか?」

「もしも維持管理が上手く出来ているならば、どのように村の人たちが維持管理をしているんでしょうか?何か組織があるのでしょうか?あるのならば、どのように運営されているのでしょうか?」

「今も維持管理がきちんとされている村と、そうでない村の違いはどこにあると思いますか?」

私達の質問にもタジタジになって答えられないオジサン&オバチャンたちは、ただ見て作り方を教えてもらうだけでは自分達の村に活かせないことに気づき、どういう質問をしようか考え始めた。

注意書き
1 ラマラジュ;植物図鑑の研修をしてからというもの薬草に興味を持ち、トレーニングセンター敷地内にある雑草が薬草かどうか確かめるのに楽しみを覚える。
2 本名、前川香子。この通信の筆者。トレーニングセンターの雑草が薬草と分かれば、肝臓が悪くないのに肝臓病に効くという草を試食し、ハゲてないのに育毛剤になるという草を持ち帰らされる。

視察に訪れたポガダヴァリ村のオジサン&オバチャンたちの様子は、下記よりお読みいただけます。


次回は、この視察を通じて、ポガダヴァリ村の村人たちが自ら気付いた“住民組織”の重要性をご紹介します!