2014年7月26日土曜日

ついつい出ちゃう伝家の宝刀-対話型ファシリテーション的日常風景

 このブログの「物の見方を養う」というカテゴリは、活動をする上で影響を受けている/受けた本や人物についてご紹介するというテーマです。そこで、今回からしばらく、私=宮下和佳の担当する記事では、今までに一緒に活動したことのある方々について書いていきます。占いに金運、恋愛運、健康運・・・などある中で、私の「一緒に働く人」運は最強!で、活動・仕事を共にしてきた人との間には、良い意味で影響を受けたエピソード満載なのです。

 今回ご紹介するのは、ムラのミライ(旧称ソムニード)の設立者で、海外プロジェクト統括・代表理事の和田信明さんです。(同じ団体の者なのでビジネスマナー通りでいくと呼び捨てになるのでしょうが、話し言葉調のブログ記事ですので、普段お呼びしている通り、以下「和田さん」と書きます。)

 さてこの和田さん、ご自分では「自分はフツーのオヤジ」で「ファシリテーションの達人ではない」と主張してらっしゃいます・・・が、皆さん、その言葉に油断してはいけません!(いえ別に油断したら刺されるわけではありませんけど。)和田さんが対話型ファシリテーションを使うのは、いわゆる途上国の農村や都市スラムといった「プロジェクト現場」だけではないのですよ。今回は、筆者の私が「あっやられたな。てへ。」となったミニミニ・エピソードをご紹介します。

 それは、私がムラのミライに入ってすぐ赴任したインドでのできごと、2010年の初夏あたりだったと記憶しています。自宅から事務所に移動する間の、ふとした瞬間の雑談です。
和田さん「和佳さんがいつも着てる、こういうシンプルなデザインのインド服、どこで買ってるの?たとえば今日来てるこれは、どこで買ったの?」
私「あ、これはですねーCMRセントラルの中にある・・・(以下、アレコレとお店の説明)」

 はい、もうみなさんおわかりですね、対話型ファシリテーションの第一歩、「セルフエスティームを上げる」というやつです。
 実際この時、私は「うわー和田さん、(インドでフツーにそのへんで買い物すると派手派手&ゴテゴテファッションになりがちな中)私がシンプルなデザインにまぁまぁこだわって買ってるのを察知して(観察した上で仮説を立てて)、そこを聞いてきたな~」と冷静に感心しつつも、「そう、がんばってマシな恰好してるんですよ、わかってくれましたね~ふっふっふ」と、悦に入ってもおりました。

 ちなみに私がそう思ったことは和田さんに言わなかったので、ご本人が意識してこういう質問をされたのかどうかは確認していません。(無意識でつい「技」が出ちゃっていたのでは・・・というのが私の推測です。)


 いずれにせよ、対話型ファシリテーションの基本中の基本の一つともいえる「セルフエスティームを上げる質問」の仕組みを、質問する側が意識していようがいまいが、質問されている側がそのことに気づいていようがいまいが、上手に使うと、ほんとにセルフエスティームが上がるんですね~~~ということを、この時実感したのでした。

(事務局長代行 宮下和佳)

2014年7月15日火曜日

いつもと違う景色が見えてくる

事実質問を使って相手に尋ねているうちに、予想もしなかった反応が返ってくることがあります。質問者は事実を聞いているだけなのに、相手が勝手に何かに気付いたり、自分で納得したり、また時には感慨深そうに思い出を語り出すこともあります。これは偶然ではなく、これこそが事実質問の持つファシリテーション力なのです。簡単な事実質問を繰り返しているうちに、このような場面に出くわし、一気に現実に迫るという感覚。今回は、この「違う景色が見えてきた」実例を中田の実践の中から紹介します。

その日、私は、バングラデシュの首都、ダッカ市内最大のスラムにいました。用事を済ませた後、スラム内の商店街の薬屋の店先に並べてある椅子に腰をかけて、一休みさせてもらいながら、店主と以下のように会話を交わしました。

私「(棚の薬品類を見回しながら)立派な店だ。失礼ですが、あなたのお店ですか」 
薬屋「そうです」(中略)
私「店は毎日開けるんですか?」 
薬屋「ええ、基本的に休みなしです」
私「今朝は何時に開けましたか?」 
薬屋「9時半ころかな」
私「今11時過ぎだから、開店から1時間半ほどですね?」
薬屋、うなずく。
私「開店から今までに、お客さん何人来たかわかります?」
薬屋「もちろん。4人来ました」
私「誰がどの薬を買っていったか、覚えてます?」
薬屋「はい、覚えてますよ」
私「何と何の薬ですか?よかったら教えてください」
薬屋「ひとりは胃薬を買っていきました。あとの3人は皆同じで、○○薬を買いました」
私「ほー、そうだったんですか。それは意外だ。で、昨日はどうでした」
薬屋「昨日も、○○薬が一番多かったですね」

さて、ここでクイズ。この○○に入るのは何だと思いますか。
4人中3人が買ったのは一体何の薬だったのでしょうか。

正解は、「筋肉痛」の緩和薬です。たぶん当たった方はいないことでしょう。かくいう私も下痢の薬か風邪薬だろうと考えていましたから。
ここに住む人々は、リキシャ漕ぎ、荷車引き、レンガ運びや道路掘りなどなど、肉体的に最も厳しい作業を日々担って働いています。体が痛みに耐え切れず、緩和薬を塗ったり飲んだりしながら、今日も仕事にでかけていくのです。そんな光景が、たったこれだけの会話から見えてきます。周りに座って私たちのやり取りを聞いていた住民とおぼしき男の一人が、「俺たちは、きつい仕事をしているからな」とつぶやくと、他の数人も感慨深げにうなずいていました。5分にも満たないやり取りでしたが、スラムの人々の生活の現実を垣間見させてもらうことができました。人々の心の奥底も、少しだけのぞくことができました。

ここでもう一度、私の質問に注意を払ってみて下さい。私が薬屋の店主にした質問のひとつひとつは、単純な事実を尋ねるだけのものでした。以前の私であれば、「ここで一番売れている薬は何ですか?」と尋ねていたに違いありません。その質問は、実は「あなたは何が一番売れていると思いますか?」という質問に等しいわけです。仮にもし店主が少し考えてから「そうだな、胃薬かな」と言ったとしても、私には事実かどうか確かめようがありませんでした。

それに対して、朝からの客はたった4人であっても彼は確実に記憶しているはずであり、その情報はまさしく事実そのものです。あやふやな全体像よりも、確実な部分を捉えるほうが、どれほど現実に近づけるかの典型的な例です。何より重要なのは、聞かれる相手は、そのような聞き手のほうをより信頼するということです。

事実質問上達には、日頃の積み重ねが欠かせません。今日から出来る練習方法は「自主学習ブログ」で紹介しています。これを読んだ皆さんも、「いつもと違う景色を見る」ためにコツコツ練習していきましょう。

このストーリーは『途上国の人々との話し方』3部「メタファシリテーションの実践」にてより詳しく説明してあります。まだ読んでいない方はぜひお読みください。


(2014年度インターン 山下)

2014年7月8日火曜日

偽事実にご用心

以前から紹介をしている事実質問ですが、
この事実質問は主に以下の2種類に分けることができます。
(1)5W1Hを尋ねる質問 ※WHY、HOW(どんな具合)は使わない
いつ、どこで、誰が、何を、といった単純な疑問詞を用いた質問
(2)YES/NOを尋ねる質問
経験(~をしたことがありますか)、知識(~を知っていますか)、
有無や存在(~がありますか)を尋ねる質問

今回は(2)YES/NOを尋ねる質問に関してみていきます。

悩んでいる友人の話を聞き、相談に乗るときのことを例に考えてみましょう。
ここで重要なのは、話を作らせず、相手自身に思い出してもらうということです。
「なぜ」と質問せずに理由を尋ねるため、まずは「一番最近その問題(課題)が起こった(顕在化した)のはいつですか?」と尋ね、5W1Hの質問で、最近のことから時系列を遡っていきます。相手も最近のことはよく覚えているため、この時点では具体的なことまでサクサク思い出すでしょう。一番最近のことがわかったら、「その前は?」という具合に過去に向かって話を進めていきます。

しばらくこれを続け、問題の大まかな姿が明らかになれば、次は一気に遡ります。
「それが一番最初に起こったときのことを覚えていますか?」
問題が最近のことで、具体的なことまで思い出せるようでしたら「それはいつですか?」「それはどこで起きましたか?」などと、先ほどと同じく5W1Hの質問で繋いでいくと良いでしょう。

しかし問題がだいぶ前から起きており、相手が上手く思い出せないようでしたら要注意です。繰り返しになりますが、大切なことは「話を作らせず、相手自身に思い出させること」です。断片的な記憶から作ったものは思い込みであり、事実ではありません。事実を聞くつもりで、相手の意見や考えを聞く質問をしてしまうことのないように、過去のことを質問するときはYES/NOで答えられる質問を使うとよいでしょう。

A「最近、寝坊の癖がひどくて困っているんだ」
B「そうなんだ、一番最近で寝坊したのはいつだい?」
A「昨日だね、一昨日の晩寝るのが遅くて…」
最近のことを始点にして、時系列を遡ります。
B「一番最初に寝坊癖に気付いたのがいつか覚えてる?」
A「詳しくは覚えていないけれど、高校のときはちゃんと早起きしていたかな」

この場合、寝坊癖に気付いたその瞬間は問題ではなく、その原因となる出来事が解決への手がかりとなります。具体的に覚えている場合には、「いつから」という答えも返してくれるはずですので、覚えているかどうかというYES/NOで答えられる質問をしましょう。

問題の当事者自身の「気付き」が、その後の「行動」へと繋がります。過去のことを「予想させる」のではなく、あくまで「思い出させる」ことが重要です。こちらから改善策を提示したい気持ちをグッとこらえ、当事者が自分で改善策を思いつくように促してあげましょう。



(2014年度インターン 山下)

2014年7月1日火曜日

ひとり事実質問

前回のブログでは事実質問の練習方法として「事実質問の観察」を紹介しました。

会議や集会といった議論が行われる場において、そのやり取りが「地上戦」なのか「空中戦」なのかを観察し、議論が「空中戦」になっている場合には「地上戦」に引き摺り降ろすためのワンフレーズを考えてみるというものでした。

いざ使ってみようとするとなかなか思うようにいかない、この事実質問。上達させるには日頃から少しずつ練習することが重要です。前回に引き続き、今回も一人で出来る練習方法を紹介します。
 
「ひとり事実質問」
今回紹介する練習方法は、名前の通り、ひとりで事実質問をするというものです。他者に事実質問をするのと同じ要領で、自分に向かって質問し、その問いに対して答えます。事実のみに則った自問自答を繰り返し行うことで、実際に自分以外の相手に対して質問するときの練習になります。
 
では、簡単な例を見ていきましょう。
「これは何ですか」
最初の質問は「これは何ですか」から始めます。
「これはペンです」
「このペンはあなたが買ったものですか」
贈り物かもしれないので、いつ買いましたかという質問は避けましょう。
「いえ、これは贈り物でもらったものです」
「いつもらいましたか」
「昨年の誕生日にもらいました」
「どなたからもらわれたのですか」
「…恋人です」

このように質問を繰り返し、そこに隠れる事実を引き出してみましょう。
最後の質問のあと、当時の恋人との淡い思い出に浸っていただいてもかまいません。

会議や集会に参加する機会があまり無い方でも、いつでもどこでも気軽に毎日取り組むことが出来ます。部屋にあるもの、身に着けているもの、何でも大丈夫です。自分の身の回りにあるものを指差し、「これは何ですか」から始めてみましょう。
 

(2014年度インターン 山下)