2015年1月20日火曜日

答えは過去にあり

これまで、相手の課題分析を手助けする際の手順として、
①道具を褒める・持ち物について尋ねる
②課題を整理する
③時系列で質問を組み立てる
というものをご紹介してきました。

この流れを意識して事実質問を行うことで、
相手の抱えている課題が浮かび上がってくると思います。
では、続いてその課題の解決方法の発見を手助けしていきましょう。

その際、一番簡単で有効なものが、
「類似の課題を以前に解決した経験を思い出してもらう」ことです。
課題解決のときも、課題分析のときと同様、
相手に「気付かせる」「思い出させる」ことが重要になります。

研修の際に出た例を書籍からご紹介しましょう。

受講者Cさんは、数ヶ月後にはNGOのスタッフとしてラオスに赴任することになっているのだが、ラオス語の勉強がまったくはかどらないことを自分の問題として挙げた。聞き手は、しばらく聞き込んだ後、次のようなやり取りを始めた。
「これまで他の外国語をマスターしたことはありますか?」
「英語はそこそこできます」
「学校で勉強したのですか?」
「基礎は学校ですが、会話は仕事の傍ら、独学でしました」
こう答えたところで、Cさんは「英語をやった時のように、ラオス語もやればいいのだ」と気付いたのだった。傍から見れば、実に単純なことなのだが、Cさんによれば、学生時代からずっと学んできた英語と全く新しい外国語であるラオス語を、自分の頭の中では同列に据えていなかったので、以前の経験を応用することに思いも及ばず、途方に暮れていた自分に気がついたということだった。

問題に直面した際、一生懸命考えることは大切ですが、
その答えは意外と自分が良く知っているのかもしれませんね。

しかし、誰しもが類似体験をしたことがあるとは限りません。
次号では、相手が類似の体験をしたことがなかった際の解決方法をご紹介します。

今回ご紹介したファシリテーションの技法は、
書籍『途上国の人々との話し方』で詳しく紹介しています。
まだお読みでない方は、こちらも是非ご覧ください。
また、本書籍の英語版も近日発売予定です。どうぞお楽しみに!


2014年度インターン 山下)

2015年1月6日火曜日

凄腕ファシリテーター登場!?

対話型ファシリテーションでは、
課題を抱えた相手に直接答えを教えるのではなく、
対話を通じて相手に気付きを促すことが重要です。
読者の皆さんの中には、この「教えるのではなく、考えさせる」ことに
難しさを感じている方もおられるかもしれません。

今回は、「考えさせる」ことに頭を悩ませながらも、
着々と経験を積んでいる指導員の様子をインドからお届けします。
これから各村に指導を行う指導員たちが、
自分たちでグループを作って模擬研修をしている様子です。

試行錯誤する指導員たちの中でもキラリと光るのが、B村の青年アナンドだ。
とても単調に穏やかに話す青年である。
「この前、いつお会いしましたっけ?」
と、まずは前回の復習から入るアナンド。
これもソムニード(現ムラのミライ)・スタイルの研修の基本。
「先週、あなたたちの村で発表会があった時に、聞きに行きました」
「そうでしたね。その中で、記憶に残っているものはありますか?」
「初めて、石垣の役割を知ったよ」
「植林をたくさんしてたよね」
と、『初参加の村人役』の指導員たちが答える。
そして次々と簡単な質問を投げかけ、自分の村の山の状態について思い起こさせる。
「だからやっぱり、ぼく達も石垣を作りたい」と『初参加の村人役』。
「じゃぁ自分たちで作ればいいじゃないですか」と、アナンド。
この切り返しに、『初参加の村人役』たちもビックリ。
「ハイ、では一緒に作りましょう」
とはすぐに言わず、例えば本当に石垣が必要なのか、何が自分たちでできるのか、次にどのような研修が必要なのか、わずか10~15分の間で相手に考えさせるように促している姿は、もう第2のラマラジュを見ているようだ。
『初参加の村人役』の指導員たちがいつの間にやら真剣に考えているが、
「ちょっとちょっと、そんなことを考えるのは初めてじゃないでしょ?」
と内心ツッコミを入れる筆者たち。
こうして、どんな質問が答えやすいのか、どんな教材があったら分かり易いのか等々、指導員として意識すべきことを段階を経て身につけていった。



「かっこいい村を増やしたい」という強い意志のもと、
彼らは、今まさに指導員として新たな一歩を踏み出そうとしています。

彼らの挑戦に、是非ご協力宜しくお願い致します。

村人が主役!「かっこいいムラ」づくりを応援~インドの農村が目指すミライ


(2014年度インターン 山下)