2015年4月28日火曜日

探ろうとすると見えなくなる「問題」in スリランカ

425日にネパール中部で巨大地震が起こり甚大な被害が出ております。被災地の皆様に1日でも早く心からの平穏が訪れる事を祈っています。

さて、前回、おじさんとのエピソードについて書きました。今回は、対話型ファシリテーションの視点から、実際の活動場面を振り返ります。

20132月に北中部州アヌラーダプラ県のとある村で活動を始めました。隣村では「野良」象も出たジャングルのような自然豊かな環境です。私は、村役場の社会福祉部局に配属され、「地域に根ざしたリハビリテーション(CBR)」という障害分野の事業で活動しました。

赴任後、まず状況把握のため、現地の同僚である行政官とともに村の障害者の自宅を巡回しました。巡回前には、障害者は劣悪な環境で暮らしているというイメージ(ステレオタイプ)がありました。実際の巡回先では、たとえば、次のようなやりとりが現地語のシンハラ語で行われました。

私「今の生活はどうですか?」
当事者「うーん。悪くないよ。」
私「なにか生活の中で問題はありますか?」
当事者「問題ねー、この通り。お金がないことかな…。」
母「社会福祉局で月3,000ルピー(円換算で約2,400円の障害者手当)がもらえるって聞いたんだけど、もらえるのかしら。」、「前に外国人からもらった車椅子があるんだけど、壊れてしまった。新しいのがほしいんだけど。」
私「(あれ、なんじゃこら…)」

当時、「問題」が「見えない」という不全感、「誰の問題」なのかなど、聞いているうちによく分からなくなっていました。しばらくして、「途上国の人々との話し方」を思い出し、自分で自分の罠にはまっているのでは、と気付きはじめたのです。

ここでは「なぜ(Why)」を使っていません。しかし、具体的な答えを引き出さない「どう(How)」を始めに使っています。その後、「問題」を聞いていますが、これは行政や外国人支援者への期待を家族に回答を作り出させてしまっています。『事実』ではなく、『意見・考え』を尋ねる質問に他なりません。

障害者手当等については国の制度があるので、条件を満たせば受給できるという権利を否定するつもりはありません。しかし、振り返ると、このようなやり取りにより、現地の人の生活が見えなくなってしまうとともに、「援助者―被援助者」「お上(行政)―住民」の関係をさらに強化してしまうと言えます。

エセナム・ナワタ・ハムウェム(それではまた会いましょう)!



(ボランティア 東田全央)

2015年4月22日水曜日

鏡に映る「曇りガラス」in スリランカ

アーユボーワーン!(シンハラ語で「こんにちは」の意)

私は現在、ムラのミライでボランティアをしています。20151月までの2年間、青年海外協力隊としてスリランカで活動しました。

赴任前に「途上国の人々との話し方」を読み、農村の赴任地に持って行きました。読んでみて、「ふむふむ。こういう風にすれば良いのか!」と妙に納得したつもりで現場に降り立ちました。

当然、“にわか”ファシリテーションでは、現場で一筋縄にはいかなかったわけです。帰国後、対話型ファシリテーターの超入門講座と基礎講座を受講しました。その視点や手法を現場で活用するには修行が必要なため、まずは自身の活動を省みることにしました。ブログ担当になりましたので、これを機にスリランカでのエピソードを何度か書かせていただきます。

ふと、こんな日常を思い出しました。赴任当初、村の道を歩いていると、

おじさん「おまえは中国人か?」
私「違うよ。日本人だよ。」
おじさん「アンモー!!(驚きの表現で、「母」を意味する)シンハラ語しゃべれるのか。この村で何してるんだ?ビジネスか?」

そうこうしていると、必ずといって良いほど次の質問があります。
おじさん「で、スリランカはどうだい?」または「スリランカと日本はどっちがいい?」

最初のころは、
私「そうだな、スリランカはカレーを毎日食べれるし、パパイヤやマンゴーあるし、毎日寒くないし…。でも国を比べるのは難しいなぁ」など、一生懸命答えようとしたこともありましたが、相手の反応はいまいちでした。数週間後には、
私「どっちも良いね!」、「スリランカは最高やね!」と一言答えると、
たいていのおじさんは「そうだろ、そうだろー」と満足して、会話はいったん終了しました。

実際にスリランカのことは大好きでしたが、こういった場面では私は相手の求める答えを答えただけです。このような世間話なら大した話ではないですし、おじさんの話に付きあっているとバスを逃したり、日が暮れてしまったりするので、ときには必要でした。

けれど、活動に入ってくると話は別。しかも、自分が逆の立場、つまり村人に、私や行政官の顔色や立場を見て答えさせてしまっているとしたら…。のちに、村人の本当の姿に迫れない「曇りガラス」の中で、おじさんとのやり取りを思い返すことになるのです。

それからのことは次週のお楽しみ!


(ボランティア 東田全央)

2015年4月14日火曜日

「○○が足りない」と言われたら?

対話型ファシリテーションは、職場や家庭での日常的なコミュニケーションにおいて有効なのはもちろんですが、もっとも手ごたえを感じるのは、やはり国際協力の現場でその力を発揮した時です。特に、自分が直接やったのではなく、この手法を学んだ現地の人たちが実際に現場で使って効果があったことを知ると、本当にうれしく感じます。
和田さん前川さんは海外の現場で活動しているので、それを見聞きするチャンスはいくらでもあるはずですが、私の場合、国内でも海外でも短期の研修が中心なので、変化を直接目撃する機会は多くありません。とはいえ、目の覚めるような現場に居合わすことも時々あります。

一昨年の秋、イラン東北部ゴレスタン州のJICAの参加型農業用水管理プロジェクトに招かれました。それに先立つ同年の1月に、プロジェクトの現地人関係者8人を相手に、5日間の対話型ファシリテーション研修を行い、現場で使える効果的なやり取りのパターンをしっかりと教え込みました。そのフォローアップのために現地を訪ねたわけです。

プロジェクトでは、地域の農民組合に対して、効率的な水資源の運用のための支援を行っていますが、なかなかうまく行きません。ある組合の評議員会に出席した州政府の担当職員Mさんは、組合のリーダーから「水が足りない。これでは来年の作付けができない」という声が上がったのを聞き、研修で学んだことを思い出してすかさず「どのくらい足りないのですか?」と尋ね返しました。しばしの沈黙の後、「正確にはわからない」という答えが返って来たので、Mさんは公式に従い「じゃあ、どうやって足りないとわかったんだ?」と畳みかけたのだそうです。すると、評議員たちは蜂の巣をつついたような混乱に陥りました。しばらく話し合った後、リーダーが言いました。「次来るまでには数字を出しておくから、それまで待ってくれ」

私が訪ねたのは、それから数か月後の「次」の評議員会の場でした。リーダーの若い農民は「あんたがあんなことを聞くから、情報を集めたり、計算したりで夜も眠れなかったよ」と笑いながら切り出しました。そして、貯水池を中心とした組合員全員の耕作地図を見せながら、次のように報告しました。
「これを作ったら、『水が足りない』と常に不平を言っているのは、貯水池から遠いところに農地のある組合員で、さらには、彼らの農地と貯水池の間に、最近水田耕作を始めた農地があることが多いことがわかった。水田耕作をしている農民の何人かに尋ねてみたところ、彼らは水不足を感じておらず、存分に水を使っているらしい。灌漑用水の総量が足りないのではなく、使い方に問題があるのかもしれない、と俺たちは考えた。そこで来月には会員総会を開いて、ひとりひとりの来年の作付け計画を聞きながら、全体の水使用計画と使用ルールを作ることにした。あなたもぜひ来てくれ」

たったひとつの質問が、「行政依存」から「住民主体」へと流れを一変させたわけです。これを聞いたMさんが、涙を流さんばかりに喜んだことは言うまでもありません。こんな場面に居合わせて、私も大いに勇気づけられました。


(ムラのミライ共同代表 中田豊一

2015年4月7日火曜日

クイズでおさらい!年度末の集大成!(解説編)

前回のブログでは、2014年度のまとめとして、皆さんにクイズをご用意しました。
今回のブログでは、その解答・解説を行いたいと思います。
まだクイズをご覧でない方は、こちらからチャレンジしてみてください。

【第一問】難易度:★☆☆
久しぶりに会った友人とカフェでのんびりおしゃべりをしています。
次の質問の中で、イメージではなく事実を知ることが出来るのはどの質問でしょうか。
1.      ホントに久しぶりだね。最近どう?
2.      最近忙しいって聞いたんだけど、昨日とか何してたの?
3.      引っ越したんだってね。なんで引っ越したの?

正解は、選択肢2です。昨日何をしていたのか具体的に聞くことによって、その人の生活を知ることが出来ます。その後は「一昨日は?」「週末は?」などと質問を広げていきましょう。選択肢1に含まれる「最近」や「どう?」といった表現は、相手のイメージを聞いてしまう言葉であり、事実を聞きだすことは出来ません。選択肢3では禁句の「なんで~?」が使われています。この聞き方をすることで、相手は自分に合わせて質問の答えを考えてしまい、以後のやり取りに食い違いが生じてしまうかも知れません。事実質問では、5W1H型の質問のうちWhy(なぜ)とHow(程度・様子)を使う際は気をつけなければなりません。


【第二問】難易度:★★☆
おしゃべりをしていると、友人が悩みを相談してきました。
最近寝坊癖がひどくて、早起きが出来ないようです。
寝坊癖の原因を探る糸口となるのは、どの質問でしょう。誤った選択肢を選んでください。
1.      そうなんだ。一番最近で寝坊したのはいつだい?
2.      なんで寝坊するようになったの?
3.      一番最初に寝坊癖に気付いたのがいつか覚えてる?

正解は、選択肢2です。第1問でも出てきた「なんで~?」がポイントです。事実質問では、相手の考えを尋ねるのではなく、事実を思い出させることが重要となります。選択肢1、3のように寝坊癖の最初・最後を尋ね、そこから時系列に沿って質問を重ねていきましょう。寝坊癖が始まったきっかけ、寝坊しないときの生活リズムから、原因が明らかになることでしょう。


【第三問】難易度:★★★
来年からネパールに長期滞在することになった友人。
これまで全く触れたことのない現地の言葉に、不安を抱えているそうです。
途方に暮れる友人の悩みを解決するには、どのような質問をすると良いでしょう。
1.      ネパール語ってどれくらい難しいの?
2.      実際に現地に行ったらどうにかなるんじゃない?
3.      これまで他の言語をマスターしたことはある?

正解は、選択肢3です。過去に似たような事例がなかったか、もしあったならどのように解決したのか思い出してもらうことで、解決策に気付いてもらうことができます。選択肢1の「どれくらい」という聞き方では、イメージを答えさせてしまう可能性が高いうえ、言語の難しさを言葉で表現することは難しいために、相手を困らせてしまうかもしれません。文字や文法が難しいといった具体的なポイントを聞きだすことが出来れば、その後のやり取り次第で悩みの解決に繋がるかもしれません。選択肢2は、かなり漠然としたアドバイスであるため、具体的な解決策の提示になっておらず、現地に行くまで友人の不安を解消することは出来ないでしょう。


いかがでしたか?
詳しい解説は書籍『途上国の人々との話し方』をご覧ください。
凄腕ファシリテーターを目指して、2015年度も頑張っていきましょう。



2014年度インターン 山下)