2015年7月28日火曜日

「これは何ですか?」で練習しましょう


対話型ファシリテーション基礎講座を受講した皆さん、講座でやった「これは何ですか」と聞き合った練習のことを覚えていますか。二人一組になり、相手の持ち物の中からひとつを選んで聞き始める練習です。
手法の創設者である和田さんは、常々「メタファシリテーションは技術です。その柱は簡単な事実質問であり、これは練習なしには身に付きません」と強調しています。とはいえ、国際協力、教育、福祉、コンサルティングなどの現場で日々活動している方はともかく、日本で普通の日常を送っている方は、かなり意識的に練習の機会を作らない限り、簡単には場数を踏めないのも現実です。
ムラのミライでは、昨年から今年にかけて中級講座あるいはそれに相当する研修を何度か開催したのですが、受講者の中には、理屈の上では手法をよく理解しているのに、あまり練習ができていないままに参加してきた方が少なくありませんでした。基礎講座で練習の大切さをずいぶん強調したつもりだったのですが、もっと徹底して伝えるべきだったと反省しています。
 そこで練習方法なのですが、もっとも簡単かつ有効なのは、やはり例の「これは何ですか?」に尽きます。最近の講座で、例の「改めたい習慣」の練習を挟んで、「これは何ですか?」と聞きあう練習を前後2回やってみたところ、2回目の練習では1回目よりずいぶん聞きやすくなったという声が参加者の中から多く上がりました。
 「練習できてないな~」、と感じておられる皆さんは、身近で遠慮の要らない人を見つけて「練習台になって下さい」とお願いし、10分かそこらの聞取りを改めてやってみてはいかがでしょうか。2,3回もやれば、質問のコツが掴めるとともに、聞き始める対象つまり「これ」の選び方もわかってくるはずです。少し自信がついたら、久々に会った友人や知人を前にして、興味深い持ち物や、素敵なアクセサリーなどを指して、「これいいね。どうしたの?自分で買ったの?」などと自然に聞き始められるに違いありません。
 この練習を何度かしていくうちには、「次はどちらに向かって聞いて行こうか」、「この質問はあいまいで答えにくいかな」などの判断も身に付いていくこと請け合いです。そのうちに、友人や親族から「ちょっと相談に乗ってくれない」と言われたら、肩の力を抜いて、「私でよければ。まずはどういうことなのか、教えてくれない」とまずは応じます。そうして、例えば「それが気になり始めたのは何時頃からだったか、覚えてる?」と聞き込んでいくわけです。
 メタファシリテーションの核心である「簡単な事実質問」の練習は、「これは何ですか?」に始まり、「これは何ですか?」に終わる。そう肝に銘じて練習に励んでください。必ずや「違った景色」が見えてきます。
(代表理事 中田 豊一

2015年7月21日火曜日

むむっで、できる!何やつじゃ!!

今回は、私が初めてムラのミライのプロジェクト地を訪れた時のことをご紹介します。

20105月、ムラのミライ(当時はまだソムニードという団体名でした)の職員になってすぐ、南インドに赴任した時のことです。その頃ちょうど、農村部での3年間のプロジェクトが終了時期にさしかかっていました。終了時評価のため、事業パートナーであるJICAのインド事務所から2名のスタッフ(YさんとEさん)が来られ、プロジェクト地である村に視察・聞き取りに行くことになっており、赴任したばかりの私も他のスタッフに連れられ、ついていったというわけです。

モンスーン前の一番暑い時期、汗を流しながら村に着くと、ゴザが敷いてくれてあり、村の人たちが輪になって座って待ってくれていました。その輪の中に加わると、JICAYさんが口火を切ります。
Yさん「おはようございます。私はデリーのJICA事務所から来たYといいます。今日は皆さんの活動について知りたくて来ました。あの、皆さんがムラのミライと一緒にしているプロジェクトは、何というんですか?」
村の人たち数名が、「お前言えよ」「アンタが言ったら」という風にほのぼのと押し付け合うやり取りがあった後(大阪のおばちゃんがレジ前でレシートを取り合いするよりも100倍くらい微笑ましい雰囲気でした)、ひとりの青年が答えました。
青年「マイクロウォーターシェッド・プロジェクトです」
Yさん「ほぉーマイクロウォーターシェッド・プロジェクトというんですね。そのマイクロウォーターシェッド、というのは何ですか?」
青年「マイクロウォーターシェッドっていうのは、ほら、あの後ろにある山、その山のてっぺんから、僕らの田んぼのあるところまでを指していて・・・雨が降ると、体でいうと頭の部分にあたる山のてっぺんにあたりますよね、そして・・・」
以下、マイクロウォーターシェッド(小規模流域)とは何か、その村でいうとどこにあたるのか、具体的かつわかりやすい解説をしてくれたのでした。

私は正直、ビックリしました。

ビックリしたことはふたつ。
まず、Yさんが、とても簡単かつさりげない方法で、でもハッキリと、村の人たちがどれだけプロジェクトを自分たちのものとして捉え、理解して取り組んでいるかを確認したこと。
そして、その質問に対して、村の若い男性が見事に応えてみせたこと。
あまりにも印象的でした。

JICA職員のYさんが見事に「ムラのミライ式・始め方」を披露されたのには後日談があります。実はYさん、この終了時評価に来られる直前、日本への一時帰国時にわざわざ対話型ファシリテーション講座に参加されていたそうです。そこで聞いた方法を忠実にやってみられた、というわけです。)

その後、村の中や周辺を見て回った後、私たちは村を離れて、フィールドオフィス兼宿舎に戻りました。
インドのパートナー団体のスタッフで、プロジェクトオフィサーのラマラジュさんが「今日はどうだった?」と聞いてきました。
私は「いやー始めの場面からびっくりしました。あのYさんの最初の質問も見事だったし、それに対して、村の人が完璧に答えていたし・・・すごい」と答えました。
ラマラジュさん(ジェントルマンな微笑みを浮かべつつ)「ふっふっふ、そうだねーYさん、上手にスタートしたよねー」
私は内心叫びました。「おおおーこのラマラジュさんというスタッフ、さっきのやり取りの意味わかってる!」
そう、対話型ファシリテーションのやり方を、ラマラジュさんというインド側のスタッフもバッチリ理解しているというのがわかったのでした。

私はそれまで、ムラのミライの活動を目にしたことがありませんでした。2007年から参加していた対話型ファシリテーション講座で、それが非常に優れた、今までになく実践的な方法論だと直感し、講座に継続して参加。講座で語られるエピソードの中で幾度となく、和田さんやムラのミライのファシリテーション事例を聞いていましたが、疑り深い性格の(?)私は「ホントにこんなにうまくいく?」と半信半疑のところもありました。

しかし百聞は一見に如かず。
ムラのミライスタッフではないYさんが示した、対話型ファシリテーションの実践。
村人の受け答えが示した、対話型ファシリテーションによるプロジェクトの効果。
そうした方法論がスタッフ内でも共有されていること。
たった半日で目の当たりにして、クラクラしたのを覚えています。(半分は暑気あたりだったかもしれません。)

今はもう、こういうやり取りを見てもクラクラしませんが、これぐらい見事にスパッとできるよう、精進する日々です。
時代小説に出てくる剣豪同士の立ち合いみたいに、切れ味鋭い、でも素人が見ても斬られてるか斬られてないかわからない・・・そんなやり取りができるようになるといいですね~。
このブログ読者の皆さんともどこかでお会いして「むむっで、できる!何やつじゃ!!」なーんてことが、いつかあるかもしれませんね。





(専務理事 宮下和佳


2015年7月13日月曜日

それって本当に必要なモノ?

5月某日。ネパールで425日に発生した地震の影響が少し落ち着き、普段の生活に戻り始めたころに、ネパールオフィスのスタッフから一通のメールが届きました。
6月からのネパール行きが決まり、関西オフィスで準備中の私に「オフィスの備品が足りないので買いたいのだけれど…」という相談のメールでした。

さて、そのメールに添付されていたリストを見てみると、研修で利用する文房具から、印刷機のトナー、オフィスにあると便利なグッズまでがずらりと並んでいました。
「これもあれもホンマに必要なん?ブックスタンドとかオフィスにあったし、今すぐ必要ないやろ…USBだって誰が使うん?」とPCの前で思わずツッコミを入れてしまう私。
彼らが決して無駄遣いしようとしているわけではないのはわかります。ですが、ムラのミライだって、ソムニード・ネパールだって無限にお金があるわけではないので、必ず使う消耗品や、急を要するもの以外は今回は購入しないでおこう。とはいえ、リストだけだと本当に必要なものかどうかがわかりません。それを検証するためにはどうすればよいでしょうか?

「ネパールからこんなリストが届いたんですが、どこから話を切り出して必要なものだけを買うようにしたらいいんでしょうか?」と泣きついた私に、宮下さん
「最近困ったことがあったのか」、事実質問で聞いてみたら?」。
そう、「それ」が本当に課題(=資金を投入して解決する必要があるか)かどうかを検証するための事実質問には
・具体的に困ったことがあったのかどうか(最近もしくは最初)
・解決のためになにかアクションを起こしたことがあるのか
を聞く、というものがありましたよね。
さっそくその日のうちに検証開始。日本とネパールで距離が離れていて彼らと直接やり取りできないぶん、ネパール駐在の池崎さんに手伝ってもらって、在庫の確認や、「具体的に困ったことがあったのか、それはいつか」を聞きつつ、購入リストを完成させました。

日々の仕事で発生するちょっとしたやり取りですが、まさに事実質問の使いどころだったわけです。何気ないやり取りのなかでも事実質問の使いどころに気づき、「具体的に困ったことがあった?」「それはいつ?」など質問を繰り出せるようになることが、ファシリテーターには必要なんだと思わされた出来事でした。


ちなみに、私が冒頭で「これ必要!?」とツッコミを入れていたブックスタンドですが、この一連のやりとりで、数か月前に私がネパールオフィスに行った時に「ここに本立てがあると便利だなー」と言っていたのを覚えていてリストアップしてくれていたということがわかりました。本人も忘れていたことを覚えていてくれたスタッフに感謝とちょっとだけの申し訳なさを感じつつ、「これまでを振り返っても、困ったことはなかったな」と購入リストからはサクッと削りました。




(研修事業・海外事業コーディネーター 田中 十紀恵

2015年7月7日火曜日

オーナーシップを育む関わりとは in スリランカ

以前(5/12)の記事でお伝えしたように、スリランカの農村で様々な障害者と出会う中で、家族以外の交流がなく家にいる当事者の存在が見えてきました。

障害当事者や家族の参加の場としては、当事者委員会、村会議、モバイル作業所などがありました。ここではモバイル作業所についてご紹介します。2009年よりA郡で開始していました。参加促進等を目的に、地元で生産と販売が可能な製品づくりが主な活動でした。週1回程度、定期的に開催されていました。


2013年後半になり、このモバイル作業所を始めたいという声が近隣のB郡からあがりました。そこで、A郡の当事者や家族等と一緒に近隣郡の当事者委員会等を訪れる出前講座を行いました。B郡でのモバイル作業所立ち上げの話し合いの段階で、次のようなやり取りがありました(抜粋)。


行政官「では、私たちの作業所の開始日はポーヤ(満月)明けの○日10時ということで。皆さん来てくださいね。」

私「(心の声:出た、「とりあえず集まる」方式…)で、その日、何をするんですか?」
行政官「・・・集まった人で何かできるでしょ、テル・マハッタヤー(「テルさん」の意)。」
おじさん・当事者「ミス(女性担当官の敬称)、それじゃ集まって時間つぶして終わりじゃないの?テー(紅茶)さえ出るんだか。」
おばさん・当事者「A郡でやっているような物を作れないかしら。紐(ココナッツ製)とか石鹸とか」
おじさん・当事者「材料、どうすんの?誰かやり方知ってんの、そもそも?A郡から毎回来てもらうわけにも行かんのだし。」
A郡家族「あたしたちも最初は製品の種類は少なかったです。誰か持ってくることができて、誰か知っているものは無いですか?それか、小額のお金を出し合ったこともあるけど・・・。」
おばさん・当事者「じゃあ、バナナの乾燥葉で作るパーピシ(足ふきマット)はどうかしら?ウチには材料ないけど」
おじさん・当事者「それだったら持って来れる」
行政官「私も持ってきます。」

このようなやり取りには系譜があります。別のC郡で同じような議論になり、日程だけ決めて、その後自然消滅したことがあったのです。その反省を踏まえ、外部者として投げかけするときに事実質問を活用する一方で、「待つ」ことを心がけようとしていました。「途上国の人々との話し方」p.87)にもあるように、活動のオーナーシップを現地の人にとってもらうためには、投げかけ方が重要だったように思います。

その後、B郡からA郡へのトレーニングツアー(B郡の自費)にもつながりました。しかし、活動がどうなっていくかはまた別の課題ですね。
ある郡からA郡への視察研修(2014年)
パッセ!(またあとで)

(ボランティア 東田全央)