2015年10月27日火曜日

講座レポート「まるで診察されているような感覚でした」


はじめまして。ムラのミライボランティアの佐野です。
大阪の大学院で「途上国の観光」について研究をしています。

来月から、とある途上国を訪れ、現地の人びとにインタビュー調査をする予定です。調査では「対話型ファシリテーション」が絶対に役に立つ!と思っていた私は、「対話型ファシリテーション基礎講座」に参加し、勉強させてもらっていました。(ムラのミライにボランティア、あるいはインターンで参加すれば、基礎講座に無料で参加することができます☆)

今回は、この「対話型ファシリテーション基礎講座」で私が見て、「面白いな」と思ったある事例を紹介したいと思います。

「対話型ファシリテーション」基礎講座、または入門セミナーでは、「対話型ファシリテーション」の理論や方法論を学んだあと、では、実際にグループを組んで、「対話型ファシリテーション」を用い、グループのメンバーが抱えている「辞めたい習慣」を解決しましょう!というふうに実践をして学ぶことができます。今回の講師、前川香子さんは、方法論を学ぶにあたり、わかりやすいたとえ話をしてくださいました。

『「対話型ファシリテーション」を行うときはWhy(なぜ)」は使わないようにします。
例えば病院の診察室で、患者さんが「お腹が痛いんです。」と言ってきても「なぜですか?」と聞き返すお医者さんはいませんよね。』
課題を発見する際に、「Why(なぜ)」を使ってはいけない理由がよくわかる、私の好きなたとえです。

さて、その日の基礎講座には、16名の方が参加されておりましたが、16人全員が「辞めたい習慣」をファシリテーターと共に話し合ったところ、実践時間が短いにも関わらず、解決までたどり着いた方が1名、おられました。

「失敗をすると、人のせいにしてしまう」という「辞めたい習慣」を持つのは、インターンで大学生のMさん。対する、「対話型ファシリテーション」を用い、Mさんの課題解決に挑むは、はるばる他地域からやってきてくださった、Kさん。

Kさん「今までの失敗事例を教えてください。」

Mさん「家で、洗濯物を置きっぱなしにしていたら、母に洗いに出すものだと勘違いされて、もう一度洗濯されてしまったんです。その服、着て行こうと思っていたのに・・・自分が出していたのが悪いのに、洗ったお母さんのせいにしてしまいました。」

Mさん「もう一つは、アルバイトでビラ配りの業務があったんですが、ビラをあまり捌けなくて。この時は、他にもビラ配りをしていたアルバイトの人たちがいいビラ配りの場所を取ってしまったからと言い訳していました。」

どちらも、Mさんは自らの行動を省みることができず、他の人に責任を押し付けて、逃げてしまったんですね。(Mさん談)
あります、あります、私もよくやります・・・。

Kさん「今までに逃げずにがんばったことはありましたか。」

Mさん「・・・大学の授業で、先生の話が全然理解できないことがあったんです!(いつもなら先生や他の人のせいにする?)でもその時は、理解できなかったところを、後で自分でインターネットを使って調べました。」

Kさん「では、この事例と、先の2つの事例、違いは何なんですかね。」

Mさんは、ふと考えて、すぐに気づいたそうです。(先の2つの事例では、服は別のものを着ればよかったし、アルバイトもそこまで自分に責任があったわけではないから、自分に害はなかったけど。けれど、授業が理解できなかったら、テストでいい点が取れなくなる!→単位落として最悪留年!!!後の事例には、自分に実害があるんだ!だから逃げずに頑張れたんだ!)と、頭の中でひらめきがあり、自己を客観的に分析し、自分の習慣を改める一歩を踏み出すことができたそうです。

Mさんはこの時のことを振り返り、
「まるで自分が診察されているような感覚でした。」
と言っていました。

何を隠そう、実際にKさんはお医者さんをされており、
お仕事で日常的に「対話型ファシリテーション」を実践されていたのです。

Kさんは今回、「医療以外の分野では、どのように人びと(Kさんの場合は患者さん)と
会話からよりよい関係を築く方法があるのか」を知るために、参加されたそうです。Kさん自身も、この基礎講座では、新鮮で興味深い学びを得られたと言っておられました。

冒頭で、私が途上国に調査をしに行くとお伝えしました。
「対話型ファシリテーション」を知らなければ、現地の人びとに
「なぜ観光客が来ずに、閑古鳥が鳴いているんだと思いますか???」とか・・・、
「なぜこんなに観光資源がないのに観光業に携わったんですか???」とか・・・!
こういったことを、絶対に聞いてしまっていたと思います。

前までは「私の調査から得るデータは正しいものとなるのだろうか?」「本当に、この調査に成果が出るのだろうか?」という不安がありましたが、今では「早く「対話型ファシリテーション」を用いて調査をし、途上国の人びとの実態を見てみたい!」と強く思うようになりました。

今回の学びを活かした、実りのある調査にしたいと思います♪そう思える基礎講座となりました。


(ムラのミライボランティア 佐野)


対話型ファシリテーション基礎講座の情報はhttp://muranomirai.org/category/trainingactive/trgjapanbasicから
(※ネパール、カトマンズでも開催予定です!)


11月の入門セミナー(名古屋・西宮)情報は下記バナーをクリック!
http://muranomirai.org/intro201511

2015年10月13日火曜日

恋は盲目

対話型ファシリテーションを勉強し始めて早4年弱。
何気ない普段の会話の中でも、この会話術を生かせないかと毎日のようにアンテナを張っている。
この1週間を振り返っても、会議と研修、家族との日常会話、飲み会での相談事など様々な場面で試してきた。
残念ながらこの場で紹介するような成功事例はないが、頭のスイッチを事実質問モードに切り替え、身につかせる事に意義があると思っている。

さて、今回は友人からの恋の悩み相談の実例を紹介したい。
“恋は盲目”と言うが、周りが見えなくなるそんな時こそ “見えてない” 部分を相手に気づかせる絶好のチャンスと思い、いつもアドバイスを欲しがるA君に私の練習台になってもらおうと事実質問で聞き込んでいった。
「Cちゃんの事が気になるんだけど、最近メールをしても返信が遅いし、どうしたらいいのかな」というのがA君の相談内容。

「Cちゃんと最後に会ったのっていつなの?」
という質問から始まり、3週間ほど前に私を含めた友人数名で飲みに行ったきり会っていないという事がわかった。
その時に話した内容、相手の返答や表情、他の友人との会話や、Cちゃんの持ち物や髪型などを、特別な質問をしたわけではなく、事実質問の基本、whenやwhereなどを使い事細かく聞き込んでいった。
そのうちA君から、そういえば! あっ、あの時は〜、などのフレーズが出てその時の様子をだんだんと思い出している事が、表情の変化からも見てわかった。 
「その時のCちゃんの服装覚えとる?」と聞いた時に、フォーマルな服装→そういえばあのとき金曜日だった→休日はカジュアルな格好→アウトレットでの買い物が好き、というとこまで思い出し、一緒に買い物行こう!という話をした事を思い出しA君の顔がニヤつきはじめた。

その後、「返信が遅い理由」について聞き込んでいくと、Cちゃんは携帯からメールをしておらず、家にいる時にタブレットからメールをするという事がわかった。A君は、スマホからメールしているのになぜ返信が遅いのだろう、との思い込みがあったようだ。

話が長くなる為、会話内容をかなり省いたが、最後にA君が私に言った。
「おまえなんかすごいな!いける気がしてきたわ!」。
今回の会話では、気づきを与える事ができたというよりも、思い出させる事ができたのかなと思う。 ただ、最後まで提案を一切しなかった事と、事実質問によってその時の場面を鮮明に思いださせる事ができた、その2点が良かったと思う。

その後、Cちゃんと今週末買い物行く事になったよ!との報告をA君からもらった。メールの返信が遅いからデートに誘っても来てくれるかな、という最初の思いから、最後に会った時の事を思い出させる事によって、それが思い込みだと気づく。どうしたらいいのか、というヒントは私からのアドバイスではなく自身の過去にあり、それに気づいてもらう事によって行動にうつすことにつながった。
事実質問を使ってうまくいった事もそうだが、それによってA君とCちゃんとの関係が深まった事も嬉しく思っている。




認定NPO法人名古屋NGOセンター理事/ムラのミライ認定講師 松浦史典)

※ムラのミライでは、2015年11月7日(土)講師に松浦さんを迎え、JICA中部なごや地球ひろばにて対話型ファシリテーション入門セミナーを開催します。詳細情報は下記のリンクからどうぞ!



2015年10月6日火曜日

事実質問を鍛えぬいたやり取りの先にあるもの


カトマンズの北東部、ムラのミライのプロジェクト地域にあるMartyr’s Memorial Park8月のある日、この公園が実施するゴミ分別研修にソムニード・ネパールのディベンドラとウジャールが講師として招かれ、私も研修に参加させてもらいました。

研修に招いてくれたのは、この公園運営に関わっているスミ校長先生とビスタ理事、ゴビンダ校長先生。バグマティ川再生プロジェクトで一緒に活動している先生たちです。

今日は、そのなかのスミ校長先生から聞いた話をご紹介します。

スミ校長先生については、こちらをご覧ください→



「ゴミ分別研修をやる」とは聞いていたものの、公園のことも、この研修のこともあまり詳しく知らなかった私、休憩時間に二人並んでチヤ(紅茶)を飲みながら、スミ校長先生に質問してみました。

「今日は研修に招いていただいてありがとうございました。参加者のみなさんがとても活発にディベンドラさんともやり取りしていてびっくりしました!この研修に参加しているのはどんな方たちですか?」

「なるほど、この公園の会員やスタッフなんですね。ちなみに、会員になるにはどんな手続きをすればいいんですか?」

「今日の研修が6日間の研修の最終日だということですが、これまでの5日間はどんな研修だったんですか?」

などと聞いていくうちに、スミ校長先生がこんな話を始めてくれました。


「これまでの5日間の研修では、どういう植物を公園に植えるか、といった植林がメインでした。でも、私はゴミの分別についても取り扱いたいと思っていて。その希望が実現したんです。この公園はカトマンズの中心部からも近くて、絶好のピクニックポイントなんですよ。なので、夏(雨季)が終われば、ピクニックを楽しむためにたくさんの人がやってきます。当然、ポイ捨てされるゴミも多くなる。だから夏のうちからゴミの回収・分別に取り組みたいと思ったんです。」


「公園のオフィスでは、ゴミ分別ボックスの設置を提案し、1ヶ月前から試験的に導入しています。ゴミを分別したり、利用できる葉っぱを集めています。それにね、実家に帰るたびに、母に、自分がやっているゴミ分別について話してみたんです。そうすると、ある時から母が自分でゴミ分別をするようになったんですよ!」


彼女は、この話を伝えたかったのだろうと思います。私があれこれ聞かずとも、彼女は話をしてくれたでしょう。嬉しい体験や成功体験は、思わず誰かに話したくなりますよね。


さて、『途上国の人々との話し方』の中にこんな一節があります。

「行動変化とは、習慣を変えることだ。習慣を変えるにはそれまでとは違う行動を続け、かつその成果が実感できなくてはならない。そうして初めて習慣が変わってくる。」

(『途上国の人々との話し方』p.283より)


当事者が自分で考え抜き、課題解決のための行動変化を起こすこと。それを促すためのツールである対話型ファシリテーション。


スミ校長先生たちは、ムラのミライの研修を受けたことで自分が変わったと言います。

研修で考えたことや気づいたことを学校で実践してみて手ごたえを感じたからこそ、家庭でも学校の外でも実践し、他の人に広げようとしているのでしょう。

 上で紹介した一節を体現しているような、スミ校長先生たちの活動。


ムラのミライについて、いろいろな人から話を聞いていくうちに「なんだかこれはスゴイ団体かも!」と興味を持ち始めてから数年。

スミ校長先生の話を聞いて、事実質問を鍛えぬいたやり取りの先にあるもの、私がムラのミライを始めて知ったときに「なんだかスゴイ!」と思ったのはこれなんだということに改めて気づきました。

いつか、この「なんだかスゴイ!」を意図して起こすことのできるファシリテーターになりたいですね。
スミ校長先生
 
オフィスゴミ分別
(研修事業・海外事業コーディネーター 田中 十紀恵

ネパールでの活動を綴ったでこぼこ通信はこちらから↓