2015年12月29日火曜日

弾む会話の特効薬⁉ ファシリテーションだけじゃない対話型ファシリテーションの使い方

会話に詰まるな…
そんなときってありませんか?
そんな方に朗報です!!
(決して通販サイトではないので安心してください)

こんにちは!インターンの松本です。
今回は基礎講座から学んだ、私なりの対話型ファシリテーションの活用方法をご紹介したいと思います。
基本的に人見知りな私。
自分のことを話すのが苦手なので先手必勝!ということで相手より先にどんな話題を振ろうかと必死。
いつも話し終えると頭がクラクラ…な私ですが、先日の対話型ファシリテーションの基礎講座から
初対面の人とも会話に詰まらずに話を振り続ける糸口を見つけたのです!その糸口とは既にご存知の方も多いと思いますが、whenやwhereを使った事実質問です。

基礎講座では他の参加者とペアを組み、その人が身につけている一つの物に注目して数分間、事実質問をし続ける練習が2回もあります。
初対面の方とペアを組むのでもちろん緊張。
しかし質問していい項目や話題の入り方もある程度決まっていたのでそこまで気を張っていない自分。

指のサポーターについて「これは何ですか?」から始まり
「いつ買ったんですか?」「どこで買ったんですか?」

「へぇ~、指の骨の構造ってそうなってるんですね!」と
いつの間にか指についてレクチャーを受けていた私。
指って奥が深い。
頭は使ったけど、いつもより頭の中で話が整理されているような…

なぜ?と思った私は基礎講座を振り返って下の方法で話したから頭があちこち飛ばずに済んだのかと納得。

<話の組み立て方>
① 固定概念なしでそれが何かを尋ねる
② 時系列で思い出せるような質問をする
③ 特に気になった点を掘り下げる

この練習が対話型ファシリテーションとして成功だったのかどうかはさておき、対話型ファシリテーション初心者の私はまず話の組み立て方を学べました。

ファシリテーション以前に人との会話を弾ませたい!と思っている人も基礎講座に来て自分なりの話の組み立て方を見つけてみてはいかがですか?

インターン 松本侑子


もっと詳しく やり方を知りたい、という方におススメの書籍
対話型ファシリテーションの手ほどき」 (700円+税 2015年12月発行)

実際に練習してみたい、という方におススメの1,000円セミナー
メタファシリテーション入門セミナー」 (東京・名古屋・関西各地で開催)

2015年12月15日火曜日

脱・なぜ質問!!


はじめまして、ムラのミライでボランティアをしています金智子と申します。イギリスの大学院で平和・紛争・開発学を学び、昨年卒業しました。大学院在学中にファシリテーションやネゴシエーションのスキルを学びましたが実生活で活用できていない事に気付き、この講座ならと思い参加しました。
講座に参加し色々な発見がありました。その中でも二つの事に重点を置いてみたいと思います。

一つ目は、相手に質問する時に“なぜ”を使った質問をしない事。なぜなら“なぜ”を使った質問では事実を聞き出すことが出来ないからです。“なぜ”に対する答えはその人の感情や考え方がベースになっているため、その答えが事実である必要もない上、事実であるかどうか確かめるすべもないのです。講座の中でこの“なぜ”を使わずにひたすら相手に質問する、というロールプレイがありましたが、これが想像以上に難しい。さらに、普段の会話の中でいかにこの“なぜ”質問をしているかに気付きました。この日を境に家族や知り合いと話をする時はなるべくこの“なぜ”フリー質問をするよう、心がけるようになりました。最初はなかなかうまく行きませんでしたが、今では自然にとまではいかなくともかなりスラスラと“なぜ”フリー質問ができるようになりました。

二つ目は、相手の質問の仕方に敏感になった事です。ファシリテーターの役割は当事者から事実を引き出すことであり、答えを与えたり決定を下す事が役割ではありません。それゆえに、“誘導しない”と言うことがファシリテーターの一つのキーロールだと思います。例えばこれは実際に私が体験した事ですが、数ヶ月前、父親の看病のため病院に通っていました。そこでの看護師とのやり取りの中で、誘導されていると感じる事が多々ありました。つまり、選択肢を与えられその中から選ぶと言う、いかにもこちらに決定権があるようですが、実はそうではない。なぜなら、与えられた選択肢はすべてあちらの都合であり、あちら側のプランやスケジュールに支障のない程度に色々な選択肢が用意されている事に気が付きました。この様なやり方で支援機関の人間が途上国の人々に接しているとすれば、とても横柄で恥ずかしい事だと思います。

このファシリテーションスキル講座からたくさんの事を学びました。人道支援に携わりたいと思っている一個人として、とても大きな気付きを得ることが出来たと思っています。

ボランティア 金智子

2015年12月8日火曜日

ファシリスキルで娘がカタルシス!?


中3=受験生の娘がいます。

いよいよ受験本番。
隔週くらいで定期テスト、模擬テスト。忙しそうです。

私は自分の経験上「今日のテストどうだった?できた?」って親から聞かれるのがすっごくいやで、できれば「え?テストだったん?」くらいの無関心が心地いいというひねくれた中学生だったので、娘にもそのように接していたことがあります。
でも、自分がそうだからといって娘も同じ気持ちとは限りませんし、やっぱり、「あなたに関心があるんだよ」というメッセージは必要なものだなあと感じる出来事があり、いまはそのつど聞くようにしています。

対話型ファシリテーションを知らない当時は、やっぱり開口一番
「今日のテストどうやった?」って聞いてました。
答えは「普通」。
「割と出来たと思う」「勉強してたとこがぜんぜんでなかった」などの短いフレーズをいうのもおっくうだ、そんな気持ち、なんかわかります。会話ストップで、自分の部屋へひっこんじゃう。

今は、「どうやった?」のかわりに
「今日、なんの教科やったん?」
「時間って45分やんな?」
「プリントって表裏で1枚くらい?」
「席替えすんの?誰のうしろ?」
って、思いつくWhen What Where Whoの事実質問をするようにしています。
すると、娘はそこに座ります。
たくさん、話してくれます。
うーんカタルシス。

「時間、たりひんねん。問題多すぎ」って答えがあっても、もう「時間配分考えてさ、捨てる問題とか決めたら」なんてアドバイスしません。「何問くらいあるん?」「一問何分くらいかけられるん?」「試験の前に、今日の試験は何問ありますって先生教えてくれへんの?」って聞いていくと、本人、すごく考えています。うまく、気づきを促されているかは未知数ですが。

ただし、娘、対話型ファシリのこと、結構知っているので、私が事実質問をしだすと「きたな」
って表情をします。もしかしたら、あわせてくれてるのかも…?!


(ボランティア/日本語教師 吉田佐内

http://muranomirai.org/donation_nepal2015


2015年12月1日火曜日

かまどのショールーム


そこは標高2,000メートル弱に位置するネパールの山奥の村。20148月半ば、約1週間かけて周辺の村々を訪ね歩いた。目的は、過去に実施した森林組合による森林管理事業について、その後の様子を見に行くこと。

折りしも雨季の真っ最中。増水した川の中を歩いて渡り、ガスで曇る視界の中、雨で濡れて冷たくなった手を握り締めながら、村を回り、森や農地を村の人たちに案内してもらった。


結局のところ、森林組合による植林用の育苗や堰堤のメンテナンスは続いていたものの、共有林以外の私有林においては、見事に畑へと開墾されていた。今日の話の舞台は、その山の裏側、つまり森林組合に参加していないすぐ隣の村での出来事である。



「うちにおいでよ」と連れて行ってくれたお宅は、集落の中でも一番高い場所にあり、潅木の隙間を縫いながら、石を組んだ坂道を這い登るようにして、ようやくたどり着いた。
家に入ってすぐの処が調理場兼食事をとる場所で、調理場は綺麗に掃き掃除が終わっている。奥にかまどが見えており、その横にはガスシリンダーも置いてある。さらに、入り口近くの床から細いビニール管が出ているのが見えた。

一通り挨拶してから、
「これは何ですか?」とそのビニール管を指差して聞いてみた。
「これは、バイオガス用の管よ」と、その家のおかあちゃんが答えてくれる。「専用のコンロをここに持ってきてつなげると、調理できるのよ」
「へぇ、バイオガスですか。今日のお昼は、これで調理したのですか?」
「そうよ。豆カレーを作ったの」
「じゃぁこれは?」とかまどを指して聞いてみる。かまどの中には炭もない。
「見てのとおり、かまど。ただ、今はおとうちゃんと二人だけだからほとんど使わないけどね。」
「いつ使ったのですか?」
「この前のジャガイモの収穫期。子どもたち家族が手伝いに来てくれて、ここで大勢で過ごしたの。大人数のご飯を作るときは、やっぱりかまどじゃないと火力が足りないのよ」
「えっと、ここにガスシリンダーとガスコンロがありますけど、これは使えるのですか?」
「もちろん!バイオガスの火力じゃお米を上手く炊けないのよね。だから、お父ちゃんとの二人だけでも、お米はここで炊くの」
「すごいですね。ちなみにこのガスシリンダーは、どこから持ってきたのですか?買ったのですか?」
「これは、村の役場で薦められた所で、安く買ったの。バイオガスは、どこかのNGOが数年前に作ってくれて。一応、トラブルの時の窓口みたいなお店を紹介してくれたけど、まだあるのかしらねぇ?」 

このように会話は続き、結局のところ外の簡易かまども含めると、この家には4つも煮炊きをする器具が揃っていたのである。ただ、かまどを皮切りに、このお家の家族構成や息子、娘家族の暮らし(カトマンズに移住)、そして近隣の独居老人問題や、空き家事情まで判明したという、日本の地方のような事情に絡めとられたネパール農村が垣間見えたのだった。



ムラのミライ海外事業チーフ  
前川 香子


まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/introseminar 

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座




http://muranomirai.org/trgbasic

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。