2016年6月28日火曜日

「●●じゃない」経験を思い出してみる

10歳の子どもにも80歳のおばあちゃんにもわかるように話す。
これは、ムラのミライ流ファシリテーションの鉄則の一つ。

「この人がわかれば誰でもわかる」というボトムラインを設定し、どう伝えるとよいかを考え、相手に質問を投げかけやり取りをしていくべし、と言い換えればよいでしょうか。
「貧困」「収入向上」といった、小難しいけれど抽象的な専門用語などもってのほか、わかりやすく話せないということは、相手の理解力が足りないのではなくて、伝える側の技量不足という、なんとも厳しい指摘が隠されている鉄則です。

たとえば・・・

*「観察」とは何か?だったら、川の観察を終えたばかりの生徒に「観察に何を使ったか」というやり取りを通じて、道具だけじゃなくて五感も使って音、におい、見えたものを記憶していくことを知ってもらう (でこぼこ通信第8号「マジシャンとファシリテーター」より)
*「地図」「アクションプラン」なら、そこからわかること/わからないことを(ファシリテーターが言うのではなく)村の人たちが考え、リストアップするように…などなど。

相手に体験してもらったり、考えてもらったり、思い出してもらったり…相手の経験に引き付けることが重要なんだと学んできました。
(と、簡単に書いてますが、私やSOMNEED Nepalのスタッフたちは、まだまだサラッとはできないんですよね。)

そして最近、もう一つの方法を学びました。
それが、「●●じゃないってどういうことなのか?」を考えてもらうこと。

5月、日本に一時帰国中に、とあるセミナーでプレゼンテーションをする機会をいただきました。そのプレゼンテーションのテーマの一つが「持続可能な開発」。
でも、「持続可能」ってどういうことを指すのでしょうか?
ともすれば空中戦まっしぐらの話題、どう「10歳の子どもにも80歳のおばあちゃんにもわかるように」話をするか!?
ネパールの村のオバチャンたちや子どもの顔を思い浮かべても、いいアイデアが浮かびません。西宮のオフィスで準備をしながら、うーん、と頭を悩ませていたところ・・・

中田さんから投げかけられたのが、
「身の回りで持続可能じゃないことって?」
という質問でした。

「持続可能性とは?」では空中戦まっしぐら、抽象的なことしか思いつかなくとも、「持続可能じゃないこと」だと、自分の経験や身の回りを振り返れば、案外、地に足の着いた例が思いつくものです。

このときは、セミナーのメイン参加対象が学生であることから、学生時代~現在を振り返って
「持続可能じゃないこと」
を思い出してみました。

それは、返済が必要な奨学金。
卒業し、就職してから返済することで、その返済金は次の奨学生への奨学金に使われる・・・という仕組みですが、最近では卒業後に奨学金を返済できない人が増えているというニュースがたびたび流れていますよね。つまり、今ではその仕組みが持続可能じゃないものになってしまっているでのはないでしょうか。
かくいう私も大学入学から大学院修了までの約6年間にわたって受けていましたので、月々の返済が負担になることが多々あります。

中田さん曰く、これは、和田さんもよく使うやり方なんだそうです。
(まだ、ネパールでは実際のやりとりにお目にかかったことはありませんが・・・)
私も、次、村の人や生徒たちの前で話をする機会があれば、真似して使ってみようと思っています。


田中十紀恵 ムラのミライ 海外事業・研修事業コーディネーター/ネパール事務所)

http://muranomirai.org/trg2016bgnepal

2016年6月21日火曜日

アフガニスタン 稲作の課題が浮かび上がった瞬間 農業普及のファシリテーション

海外で一連の研修をする場合、初回の終わりに必ず「習ったことを現場で実践練習するように」という宿題を出します。和田さんの場合、「やらない者は次の回には来なくていい」と言うようですが、私は気が弱いので、そこまで厳格にはやれません。

今年の3月、アフガニスタンの農業普及員20人余りを相手に、3日間の研修をやりました。それから1カ月半ほど空けて同じ人たちを対象に2度目の研修をしたのですが、その際、例のよって、まず宿題の発表をやってもらいました。結局10人ほどが手を挙げて自ら進んで発表してくれたのですが、その中には驚くほどうまく使っているケースがいくつかありました。

以下はその一例です。

Hさんは、アフガニスタン西部の県の農業普及員で、最近では稲作技術の改善に力を入れています。ある村で、20人ほどの農民に集まってもらい、稲作をめぐっていろいろやり取りしていたところ、複数の農民から、年によって苗の出来のバラつきが多く困っているという話が出ました。そこで、品種を聞いてみるとほとんどが在来種とのこと。

Hさんは、ここは先月習った事実質問を使ったメタファシリテーションの出番だと考え、「それは何という品種ですか」から始めて、その品種の特徴や栽培方法などをひとつひとつ具体的に聞いていきました。さらに、それは主に自家消費用か、販売用かを尋ねたところ、自家消費用が多いがそこそこ販売もしているとのことです。地域の市場での価格を聞くと、改良品種に比べてかなり安い値段でしか売れないこともわかりました。  

Hさんは気合を入れなおして質問を続けました。

H 「皆さんは、市場で値段の高い改良品種のお米を買うことはありますか」
農民数人 「時々買います」
H 「では最近では、どのような機会に買いましたか」

ひとりが「先日、お客さんが来た時に買いました」と答えると、他の人も「うちも」「私も」というふうに次々と同調しました。それを見てHさんは「この地域の稲作に関する課題がこの場で浮かび上がった」ことを確信したそうです。つまり、彼らは稲作農民でありながら、自分たちが作ったコメをお客さんに出せないと考えている。価格的にも品質的にも改良品種に及ばないことにそれぞれが何となく気が付いてはいたが、自分とのやり取りを通して、彼らはそのことを共通の課題としてここではっきり認識した。Hさんはそう確信したわけです。

Hさんによると、そのあとのプロセスは比較的簡単でした。改良品種のメリットとデメリット、必要な技術や資源などなどについて説明していったところ、こちらから薦めたわけではないのに、何人かが自発的に試験的な導入を申し出ました。併せて、本題であった新しい技術の導入にもほとんどの農民が自主的に取り組む姿勢を見せたりと、農村訪問は期待以上の成果を上げたそうです。そういう話を自慢げにではなく、淡々と要領よく報告してくれるところに、Hさんのもともとの実力を垣間見た思いでした。

「ここでは、『事実質問によって自らの問題に気付かせる』という比較的高度のテクニックが使われたわけです。常に意図的にできるかどうかはともかく、適切な事実質問ができるようになると、このような現象が頻繁に起こってくるようになります。他の皆さんもぜひ挑戦してほしいと思います」
私はそうコメントして次の発表に移りました。

中には、「これは何ですか」と聞き始めたもののすぐに「問題は何ですか」と尋ねてしまい、結局、Wish List(おねだりリスト)が出てきてしまったなど皆の爆笑を誘う報告もあって、満足度150%の有意義かつ愉快な報告会になりました。

次回が楽しみです。

中田豊一 ムラのミライ 代表理事)


http://muranomirai.org/trg2016cfindia
「課題を浮かび上がらせる対話」を実地に学ぶ研修


2016年6月14日火曜日

ジグソーパズルのピースを埋める(2)

前回まで、さんざんジグソーパズルのピースを埋める話をしてきました。話だけでは何なので、以下、実際にどんな具合なのか、イメージ図を示してみました。



上の図は、原康子さんが、この5月15日から17日まで、インドネシアの弟子たちを相手に、私がカトマンズで研修をしたときに、私の話を基に作ってくれたものです。インドネシアの弟子たちは、私が2004年以来教えている弟子たちで、今回来てくれたのは6人(彼らについてはこちら)。自分たちで飛行機代を出し、授業料を払って来てくれました。こうやって、遠路はるばるやってきてくれるのは嬉しいものです。

さてこの研修、英語でやったので、上の図も英語になってます。すみません。誰か、日本語に直してください。これは、あくまでもバーチャルなもので、どこかに実在する村のことではありません。で、たまたま研修のとき、ジャガイモの話題が出たので、ジャガイモを話題として取り上げただけです。前回、私が例に出した「牛」でも同じです。もし気が向いたら牛を話題として、あるいはどんな話題でもいいですから、このジグソーパズルをやってみてください。何を現在という縦軸に置くか、例を出しましたね。あの他にも、思いつくままにやってみてください。
インドネシアのお弟子さんたち(ロンボク島にて)

ところで、これで終わってしまったら「なんだ?」と言われそうなので、もう一つパズルのピースを埋めていくときに必要なことを話しておきます。それは、「ランドマーク」です。

英語のlandmarkの第一義は、歴史的に重要な出来事でしたね。その他、例えば「エッフェル塔はパリのランドマークだ」なんて意味にも使いますし、土地の教会を示す標の意味にも使います。私たちの場合は、これを過去の重要な転換点となるような出来事の意味で使います。

例えば、上図の例では、HYV(多収穫品種)が導入されたのはいつか、プラスチックのゴミが出始めたのはいつか、など、その後村の生活を大きく変えることとなる出来事です。

これは、インタビューを始める前の観察(例えば、村外れに大量のゴミが捨ててある。そのほとんどがプラスチックだ、のような)などから、あらかじめ見当を付けておきます。



はい、上の図が、ランドマークの見本です。

大切なのは、重要な情報を見逃さない、聞き逃さないということです。ジャガイモだから昔から同じモノを作っているだろうとか、コーヒーだから今も変わらず同じ品種を育てているだろうとか、決してそう決めつけないことです。

今日はここまで。


和田信明 ムラのミライ 海外事業統括/ネパール事務所)


和田信明・原康子(講師)と行くフィールドワーク