2017年9月12日火曜日

「私って本当に、ダメダメお母さん?」メタファシリテーションで自分の課題を整理する(後編)

さて、前回の最後の質問を思い出してみて下さい。(前編はこちらから)
あなたが「私、何をやってもダメダメで…。」と相談した当事者だとしたら、どの質問が一番答えやすいでしょうか?
【質問】
1.え?何でそう思うの?
2.どうしたの?何でも話聞くよ。
3.最近、誰かにダメダメって言われたの?

実は、1、2の質問は、子育てに自信を失っていた私へ、実際に問いかけられた質問です。それぞれの質問に私は、こうリアクションしました。

1.「だって、赤ちゃんの体重も増えないし、寝かしつけもできないし…。」と、ダメダメエピソード(だと思い込んでいる話)を始めた

2.「ありがとうございます。えっと色々悩みはあるんですけど…。最近、人と話す機会がなくてコミュニケーション能力が低くなっていて。」と、頭の中が未整理で何から話せばいいか分からなくなった

みなさんにもこのような経験はあるでしょうか?私は、これらの質問に答えにくさを感じました。何故なら、1も2も私の意見や考えを聞く質問だったからです。
自信をなくし、頭の中も未整理の状態で、「何で」と理由を尋ねられても、「何でも話して」と抽象的に尋ねられても、答えるのにとてもエネルギーがいりました。結果、「何が悩みか」の検証もできず、さらに悩みを深めることになりました。
そこで、3のような質問を自分自身に問いかけてみました。さて、これは、何を聞く質問でしょうか?
    事実
    意見
    感情

答えは、①事実です。もちろん何気ない会話なら1,2の質問で問題ありませんが、メタファシリテーションでは、本当に悩んでいる相手の助けになりたいとき、相手の本音を引き出したいなら、相手が答えやすい「事実質問」(When、Who、Where、What)を用いて、過去の経験を思い出させることがとても重要です。


---
さて、私はママ友と別れ、帰宅後に自分の悩みを事実質問で分析してみました。少し長文ですので、時間がない方は【気付いたこと】へ。

【分析:「本当に私はダメダメお母さん?」】(以下、・ファシリテーターとしての質問、→私の回答)
・最近ダメなお母さんって言われたのはいつ?→先月、健診の時に保健師に「体重なかなか増えていないようですね」って言われた
・他には何を言われたか?→「体重は月単位の増え方を見るから、毎日測らなくてもいい」と言われたが、不安で毎日測っていた
・誰かにその悩みを話したか?→母親に話したら、私や兄弟も赤ちゃんのころ、同じような発育で体重がなかなか増えなかったと聞いた
・他には、ダメなお母さんって言われたことは?
→電車に乗るとき、急な雨でおばあさんに「そんな小さな赤ちゃんを雨にぬらして」と言われた。他にもあるけど、自分でもそう感じる
・最近いつ「ダメダメお母さん」と感じたか?
→家にいるとき、時間をもて余して、スマホ検索したとき、寝かしつけに時間がかかる時
・スマホ検索では何を調べていましたか
→『赤ちゃん 遊び方 楽しい』とか『赤ちゃん 寝かしつけ 攻略法』とか
・赤ちゃんとの遊び方について、誰かに相談したことはありますか?
→ママ友に相談したら、「え?保育士の経験があるかと思うくらい上手だよ。」と言われた
・寝かしつけのことは?誰かに相談した?
→家族や保健師に相談したが、悩みは晴れなかった
・その他に相談できるところを知っているか?
→行政の子育て相談窓口、NPOや企業の子育て悩みサポート窓口もあるみたいだけど使ったことがない
・他に、例えば体重が増えない悩みの時は誰に相談したか?
→体重のことはあまり同じような悩みのある人がいなかった。寝かしつけはママ友にも同じような状況の人がいて、お互いに情報交換をしている。来月からベビーサークルの回数も増えるので他のママ友にも相談できる


















ここまで事実質問をしてみて、私は以下のことに気が付きました。
【当時の悩み→気づいたこと】
       「ダメダメお母さん」→誰も私のことを「ダメダメお母さん」とは言っていない
       赤ちゃんの体重が増えない→不安で赤ちゃんの体重計測を毎日することで、逆に悩みの種を増やしていた。遺伝の可能性も大きいので長い目で見る必要がある
       寝かしつけがうまくできない→ママ友以外の相談窓口について情報収集の必要あり
       どうやって遊んだらいいか分からない→ママ友に褒められるぐらい上手
       赤ちゃんを連れまわせないから、誰とも会えない、人と話したい→来月からベビーサークルの回数が増え、ママ友と話す機会も増える


このように「ダメダメお母さん」という思い込みに気が付き、課題を整理できたのは以下3つのことが大きかったと思います。
    ママ友と話したことで、自己肯定感をあげることができ課題解決に向かうエネルギーをもらえたこと
    メタファシリテーションによって自己認知のゆがみに気付くことができた
    さらに、遊びが上手と褒められた成功体験や気軽に相談できる友人などの社会的資源を思い出し自尊心を取り戻せた


















この記事を書く前、ムラのミライの講師に「よくそんな時期に自分の力でメタファシリテーションができたね。」と言われ、よくよく振り返ってみるとママ友との会話が大きなきっかけになっていたことを思い出しました。改めて「成功は、自分のおかげ」にしてしまうものだなと振り返りの大切さを感じました。

(ムラのミライ 山岡美翔


→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。




→2時間で理論と実践方法が学べる1,000円セミナー













→本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座