2019年3月22日金曜日

ネパールのオバチャン達は忙しい


ナマステ!
今回は、私がネパール駐在中に出会った村のオバチャン達との会話から。
まずは3つのエピソードをご覧ください。
(ムラのミライの活動に関わってくれた村の女性たちを、ここでは親しみを込めて「オバチャン」とよんでいます。)

<エピソード1>
エコレンジャーのオバチャン達への研修の時の出来事です。
私「それじゃあ、今日はこのあたりにしましょうか。次の研修はいつにしましょうか?場所は今回と同じところでも大丈夫ですか?」
オバチャンA「そうね~、来週の水曜日はどう?」
オバチャンB「その日、ちょうどパンづくりの研修があって・・・私は行けないわ~」
私「あら、そうですか。じゃあ、その次の日はどうです?あいていますか?」
オバチャンC「ああ~その日はアナウンスの研修があって都合がつかないわ。」
「私も」「私も」とうなずきあうオバチャン達。
私「えっ、ここにいるみなさん参加しているじゃないですか!アナウンスの研修ってどんな研修ですか?」
オバチャンC「スピーチの方法を学ぶのよ。発声の方法とか、姿勢とか。」
私「へー、どこが研修を提供しているんですか?」
オバチャンB「自治体がやってるのよ」(・・・と話は続いていく)

<エピソード2
エコレンジャーのオバチャン達が各地で研修していた時のこと。研修後にちょっとした打合せのため、とある建物に入りました。
私「あれ?この建物は、おうちじゃないですよね」
オバチャンD「ここ、私たちがメンバーになっている女性グループの集会所の建物なのよ。」
私「おおー、そうなんですか。(山積みになっているサンダルに気づく)これ、なんですか?」
オバチャンD「このサンダル、私たちで作ったのよ!ほら、そこにミシンもあるでしょう。」
私「(サンダルを手に取りながら)結構しっかりした作りですねぇ。作り方は誰かに教わったんですか?」
オバチャンD「そう、研修を受けてね。これから販路を開拓していきたいんだけどね~」
私「じゃあ、これは販売用なんですね。あら、いろんなデザインがあるじゃないですか。」
オバチャンE「ちょっとトキエさん、試してみなさいよ!あら、これならサイズぴったりじゃない!このデザインだとクルタスルワールによく合うわよ~。」
(と周りから囲んでいくオバチャン)
私「(心の声:まあ、サンダルが欲しいと思っていたところだし)うーん、じゃあ一足もらいましょうかね。いくらですか?」
オバチャンE「ちょっとオマケしてあげる。200ルピーね。」

<エピソード3
先日、ネパールで開催したスタディツアーでの出来事。オバチャン達に案内してもらいながら、村を歩いていた時のことです。
道沿いにビニールハウスのトマト畑を発見。
オバチャンF「ここ、トマト畑なのよ」
ツアー講師H「へー、いつからここでトマトを植えているか知ってますか?」
オバチャンF5年ほど前かしら。ちょうどその時にトマト栽培の研修があって、その研修に参加した人が始めたのよ」
オバチャンG「私も参加したわ!」

-----------------
ここまで読んで、「うわー、このオバチャン達、いろんな研修を受けてるな~」と思った方、そのとおり!
何気ない会話ばかりではありますが、こういった話は他にもあって、まとめていくと
アナウンス、サンダルづくり、トマト栽培、他にもプラスチック包装を使ったクラフトづくり、クッションづくり、パンづくり、コンポストづくり、マイクロクレジット・・・実に多種多様な研修を受けているオバチャン達の姿が浮かび上がってきました。


クラフトづくりの研修の成果を見せてもらう

こういう話をしたオバチャンの顔を思い浮かべると、せいぜい10人くらいです。もっと多くのオバチャンに話を聞くと、もっといろいろな研修が出てきたかもしれませんね。
とにかく、オバチャン達は「女性のスキルアップ」や「収入向上」の名のもと、自治体やNGOが提供する多種多様な研修に参加していて、ムラのミライが実施していたゴミ処理に関する研修も、オバチャン達にとってはone of themの研修だったというわけです。
実は、ゴミ処理の研修もムラのミライに限らず様々な団体がやっていたりします。

ムラのミライの研修で地図づくり中のオバチャン達

食事の準備と後片付け、洗濯、掃除、親戚のお見舞い、女性グループの活動、仕事、そして上記のような研修への参加。ネパールで私が出会ったオバチャン達は、とても忙しい毎日を非常に精力的にこなしていました。忙しい毎日の一部をムラのミライの活動に割いてくれていたのです。

村を訪問すると、ニコニコと付き合ってくれて、「お茶でも飲んでいきな」と親切にしてくれるオバチャン達。
ネパールに駐在した当初は、彼女たちがとてものんびり日々を過ごしているように見えていたのですが、だんだんと、それが思い込みだったことに気づいていきました。
そう、ネパールのオバチャン達は、忙しいんです。

現場ではプロジェクトを進めることに手いっぱいになって、プロジェクトと関わっている部分でしか村の人を見ることができなくなってしまいがち。その狭い領域で「うまくいった」「うまくいかない」と一喜一憂する日々でした。
でも、ちょっとそこから視線をずらし、何気ない会話をしながら「ネパールの●●村に住む、◎◎さん」の暮らしのリアルが見えてくることで、村の人たちとの関わりがずっと楽しいものになっていきました。
こんなふうに、「個人の暮らしのリアルを見る」経験を積み重ねていくことが、村の人/NGOワーカー双方にとって、具体的で、ワクワクして、長続きする活動を組み立てていくヒントになるんじゃないかと、ネパールに住んでいた2年を振り返ってみて思うのです。

(田中十紀恵 ムラのミライ事務局長)






→まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー
 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。


2019年3月12日火曜日

村のミーティングをファシリテーション!?新人NGOワーカーの苦闘@農村開発プロジェクト その3

やっぱり読み返すだけでも、あの頃の冷や汗がよみがえってくる苦い経験ですが、インターンの笠見さんが「私ならばこう返す」と考えてくれました。
さすが、事務所で事実質問のツッコミを(たぶん)日々受けている効果がありますね。

まぁそもそも、質問自体がほぼ「なぜ」質問なのがダメなのですが、聞いてしまったらその後で、事実質問に置き換えていくしかありません。(それができていなかった当時の自分)

「Rural Development」というとても抽象的な言葉を理由として挙げてきた場合、聞くのはただ一つ。
「地図を作って、Rural Developmentが実現した村を、あなたはご存知ですか?」

笠見さんのパターン2に近いですね。
でも、ここは「習った」ことを聞くよりも「それを実行した/実現した」ことに関するAさんの経験を聞く方が、本人の思い込みを解くには効果的でしょう。
なぜならば、習った=知識であって、それについて詳しく聞いていってもふわふわと空中戦に突入する恐れの方が大きいです。

また、彼の村自体がまだRural Developmentを成し遂げていない(だから、そのために地図を描くと言っている)ため、彼自身はそれを経験したことが無いのはすでに分かっています。
そうすると、「Rural Developmentのための地図づくり」という、耳心地は抜群ですが、曖昧模糊とした目的のための単なるお絵かきは避けられるでしょう。
「何のために」をクリアにする

また、ここから更に「これまでに地図を作ったことはありますか?(Yesと言われて)その時は何の地図を作って、作った後にどのように使いましたか?」と質問を続けていきます。
そうやって過去の経験を分析していく事で、今回の「地図を作りたい」というアイデアについても、「これから何をしていくのか、そのために地図には何を書き込まなければならないか」ということがクリアになっていくのです。

実際に、和田さんやラマラジュさんによる研修が再開した時も、こうした地図の話になり、「色々と調べてきたけれど、山の上から麓までの全体図が分かるようにしなければ、今の川や森の状況も分かりづらい」からと、「山から田畑までの全体図を視覚化するための地図を描く」という事になったのでした。



そうしてメビウスの輪の問答から脱出し、一度地図を作ってみた村人たちは、やがて平面図では高低差や遠近が分かりにくいということを発見し、最終的には粘土でミニチュアを作り、それを基に植林や土壌保全活動を始めたのでした。


(前川香子 ムラのミライ海外事業チーフ)



→まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー
 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

2019年3月5日火曜日

村のミーティングをファシリテーション!?新人NGOワーカーの苦闘@農村開発プロジェクト その2

前回のブログ記事を読んで、もし私が前川さんの立場だったら村人Aにどう質問すべきだったかを考えてみました。

会話の認識を、相手と自分で同じにするためには・・・。
村人Aは、Rural Developmentという言葉で知っていながらも、その村の発展のために、具体的にいつ誰が何をするのか、ではなく、概念としての知識を話すのみでした。一方聞いているほうは、何が本当に必要なのかを自分達で見つけて欲しいのに、曖昧な答えしか帰ってこない。

パターン1「地図には何の情報を書きますか?」
まず一つに、地図に何を書くのか。50年前と現在の植物の種類の変化なのか、はたまた小川や湧き水などの水量の変化なのか。「植物図鑑」を作ったことで何の情報を得られたのかを明らかにするためです。

パターン2「あなたはいつ、誰にRural Developmentを習いましたか?その際はどこかの村を訪れていましたか?もしそうならば、何をしましたか?」
村人Aがその知識を学んだ状況について。彼が習ったことと、実際の彼の経験に因果関係が見つければ、地図に書き起こす情報、そこから見える村の課題が明らかになるかもしれません。
現場で日々鍛えられていた頃の…
私はこのお話を読んで、インターンをしたり、国際協力をなさっている方のセミナーに参加したりしたとき、学校で得た知識との間でイメージの違いを感じたことが思い出されました。

授業で「開発協力」や「持続可能な開発」について学んだときは、「グローバル」に世界の問題、そして解決策を知ったような気持ちでした。しかし、実際世界のいろいろな国で活動されている方のお話を聞くと、水不足や貧困といった一般の問題の裏に、どの地域もそれぞれの性質、人々の行動があることを知りました。

机上での知識を持って目の前の現実を見るとき、事実質問は欠かせないと改めて思いました。

(笠見友香 ムラのミライインターン)





→まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー
 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。