2019年4月9日火曜日

1杯の紅茶から見えるネパール ースタディツアー参加レポート

 2019年2月に参加した「ネパール・スタディツアー」の様子の一部をお伝えしたいと思います。氷点下10度の北海道札幌市から、夏のような日差しが照りつけるネパールの首都カトマンズまで移動すること約20時間。トリブバン国際空港に到着した時の高ぶる気持ちは、今でも鮮明に覚えています。

 現地で、私が設定した調査テーマは「ネパールの人々の職業や業種」です。今回はツアー後半に訪れたデシェ村の食料品雑貨店でのインタビューのひとコマをご紹介します。

 ムラへ行く前には、いろんな質問の準備をしました。実際にどのような風景・場面でのインタビューになるのか、事前にはわかりませんので、30個ほどの質問を考えました。例えば、農作業場であれば、「今は何の作物を栽培しているのですか。」「この道具は何に使うのですか。」、家の中であれば、「今、一緒に住んでいる家族は何名いますか。」「今日の午前中は何をしていましたか。」といったような具合です。もちろんお店の場合の質問も考えていました。移動の車中では、期待と不安が入り混じりながら、過ごしていました。移動中に見えるムラの風景や、人々の様子も貴重なヒントになります。

 ムラに到着し、「今日はここでお話を聞きますよ。」と言われた場所は、なんと商店でした!まずは、販売商品の種類と店頭在庫の数量をざっと確認。

まずは店舗の様子を見学。質問のきっかけが見つかる場合も
 そして案内された場所は店舗裏の小部屋でした。
「おっ、ここは何のスペースなんだろう。ぜひ、質問してみよう。壁に掛かっている紙袋には何が入ってるのかな、気になるなぁ。」といろんな想像が脳内を駆け巡ります。そしてインタビューへ。
 最初は「今日、私たちが訪問するまでに何名のお客さんが来ましたか。」と質問しました。その後は「来店したお客さんは何を買いましたか。」「皆さん現金払いでしたか。」と話を続けたことで、少しずつ商売の全体像が明らかになりました。そこで、いよいよ小部屋について聞いてみることに!

私「このスペースは何の場所ですか。」
店主「ここは休憩場や作業場として使っています。でも、昔はここで喫茶店をやっていたんだ。」
私「そうなんですか(おっ、新たな情報だ。喫茶店についても、聞いてみるぞ!)。」
店主「そうそう。でもね5年前にやめたんだ。紅茶や砂糖の値段がどんどん上がって儲からなくなったんだ。20年前に2ルピーだった紅茶(1杯)の値段も、今や20ルピーになってしまった。」

 その後もやり取りは続きました。物価上昇の話に始まり、当時から現在に至るまでのムラの様子の変化等、いろいろな話が次々に出てくるではありませんか。特に後半は、私から質問する機会が減ったように覚えています。気が付くと1時間半が経過していました。

インタビューが始まると、あとは流れに身を任せます
 一番大事なことは、綿密な準備をしつつも、会話の流れに身を任せて、臨機応変な対応をすることです。デシェ村でのやり取りのように、ひとつの質問が触媒となり、突如として化学反応を起こすこともあるのです。

 帰国後は、ネパールの紅茶価格の変動について調べています。紅茶はネパールを代表する消費財のひとつです。紅茶価格の動向は、ネパールの歴史の縮図であり、経済・社会の変遷を捉えていくうえで、ひとつの補助線になるのではないかと考えています。この考えのきっかけとなったのは、現地でのひとつの事実質問です。シンプルな対話を積み重ねるメタファシリテーション。その奥深さを日増しに感じるようになっています。

(伊藤 慎時 北海道大学公共政策大学院)


→まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー

 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。
 対話型ファシリテーションの手ほどき




2019年4月4日木曜日

地震から事実質問へ ―ネパール・スタディツアー参加レポート


 中国の実家で地震を体感したことがなかった私は、昨年の9月に留学先の札幌で初めて地震を経験しました。安全のために何をするべきかがわからなくて、ただ家で揺れが終わるのを待って、近の避難所へ行きました。今までも当時の怖さをきっちりと覚えています。その後、次回の安全のために、耐震や危機対策に興味を持っています。
 今回、ネパール・スタディーツアーに参加して、首都のカトマンズへ行きました。
1日目に街やタルバール広場で壊された建物、2日目はバスネット村(※註1)で建設中の家をたくさん見て、「ネパールの地震」(※註2)について気になったので、詳しく聞こうと決めました。そして「ネパールの地震」について、34日目にウッタルバヒニやデシェ村でインタビューする前に事実質問を準備しました。

修復作業中のダルバール広場(カトマンズ)

 一番聞きたかったのは地震が発生した時の事実です。だから、最初に「どこにいましたか」と聞こうと思いました。簡単な質問から始まると、記憶を呼び出しやすいし、順調に進めば、「どこ」と聞くと、「誰といました」、「何をしました」、「何を見ました」、「何を感じました」を思い出して答えもらえると思いましたに、地震が発生した時に何を一番気にしたを知りたかったので、揺れがおさまった何をしたのかを聞いて、答えから分析したいと思いました。

【デシェ村のMさんの話】
私「地震が起こった時、どこにいましたか?」
Mさん「畑にいました。」
私「その後、家に帰りましたか?」
Mさん「はい、携帯で家族と連絡が取れなくて、家にいた息子のことが心配でした。」

【ウッタルバヒニのSさんの話】
私「地震が起こった時、どこにいましたか?」
Sさん「妹の家にいました。地震が起こったので外に逃げましたが、もう一度妹の家に戻り、家族の入院費や、ビザを申し込む書類を取りに行きました。」

これらの話から、地震が起こった時に一番心配したのは家族の安全と貴重品だとわかりました。また、地震への備えがなかったのではないかと気づきました。なぜなのか知りたかったので、次に「どこかで地震に関する知識を教えてもらうことがありましたか」と聞いてみました。

【デシェ村のMさんの話】
私「どこかで地震に関する知識を教えてもらうことがありましたか?」
Mさん「いいえ、教えてもらったことはなかったです。」

【ウッタルバヒニのRさんの話】
私「どこかで地震に関する知識を教えてもらうことがありましたか?」
Rさん「私の夫は、前に学校で勉強した地震対策を教えてくれました。家の中では重いものを下に、軽いものを上に置くように言っていました。でも、私はフォローしていなかったんです。」

デシェのMさんへのインタビューからは、学校で教えてもらえたのかどうかはわからなかったですが、Rさんの答えから、地震対策を教えている学校があることがわかりました。
地震を経験した今は、何か準備しているのかを聞いてみたくて、ウッタルバヒニの人たちに質問しました。

【ウッタルバヒニのSさんとRさんの話】
私「今、地震に備えて、何か準備をしていますか?」
Sさん「家族と丈夫な新築マンションへ引っ越しました。」
Rさん「重いものを下に、軽いものを上に置くようにしました。」

 デシェでは直接「地震に備えて、何か準備していますか?」とは聞かなかったのですが、「地震で屋根が壊れてしまって、トタンを支援してもらったんです。今でもそのトタン屋根を使っています」という話から分析すると、壊れた家の建て直しも終わっていなくて、次に地震が起こった時の対策にも十分に取り組めていないのではないかと考えられます。

レンガ造りの家

 今回は簡単な事実質問をして、答えから分析することの楽しみを感じました!
 最初に訪れたバスネット村では、「思い込み質問」(例えば:「ネパールの子供達は何歳から小学校へ行きますか」という一般化した質問)をたくさん使ってしまい、会話が進みにくいことに気づきました。
 でも、次に行ったウッタルバヒニ事実(その人の経験)を聞くと、インタビューされた村の人たちからどんどん話してくれるようになりました。地震が起こった時のことを教えてもらえたし、地震が次に来た時のための準備の必要性も認識しました!
 また、ウッタルバヒニでのインタビューで得られた情報を使って、次のデシェで質問すると、どんどん面白くなりました。例えば、ウッタルバヒニで、地震が起こった後に家には戻らずに、一時的に安全な場所へ避難していたと聞きました。地震の後は避難したかもしれないという情報がすでにあったので、次のデシェ村では「どこで、誰と、どのぐらいの間に住みましたか」といった質問を出せました。もし、もっと時間があれば、村の人から見ると、地震が起こった時に政府のどんな支援を得られたのかをもっと知りたかったです!
(蔡一諾 スタディツアー参加者)


註1:バスネット村、ウッタルバヒニ、デシェ:ムラのミライが2012年から2017年まで実施していたプロジェクトで一緒に活動した村の名前。スタディツアーでは、2日目にバスネット村、3日目にウッタルバヒニ、4日目にデシェ村を訪問し、話を聞かせてもらいました。

註2:2015年4月、5月に発生した地震のこと。

→まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー

 メタファシリテーション体験セミナー開催情報

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座
 メタファシリテーション講座開催情報

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。